スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ウボン年末年始イベント2018
2017/12/29(Fri)
ウボン年末年始イベント2018
---00222

昨年はプミポン国王の崩御により、事前に中止などと通知しておきながら、ちゃっかり例年通りにトゥンシームアン公園で年末年始イベントは行われました。

そして今年は喪が明けたということなのか、例年通りに開催することが発表になりました。

今日(12/29)から1/7まで開催されます。

人気のタイポップやタイ演歌のコンサートあり、出店あり、移動式遊園地あり、ウボン赤十字のチャリティーくじあり。

そして忘れてならないのがミスウボンの選考会です。

イベントスケジュール(詳細は下記)
---03

10日間で数万人の人出になります。

ある意味で最もウボンらしいタイ地方都市の風物詩を体験することができます。

この種の年末年始イベントは、タイ全国の地方都市で行われているようです。

ウボン近郊の東北地方の都市においても、規模の違いはあっても同様のイベントが行われています。

お奨めは1月2日のLabanoonです
schedule

たいていは県庁前に広い公園があり、そこが会場になっています。

人気歌手も今日はウボン、明日はコンケン、明後日はコラートという風に各地の会場を駆け回ります。

管理人がこのブログを始めてからもう12年にもなります。

12年たっても途切れることのない人や街との縁というものは、とても貴重であると同時にこれからも大切にしていきたいと思います。

セントラルデパートではカウントダウンも行われます
26167795_1524020441007475_993417236971638999_n

今年も全く更新されない当ブログをお読み頂きありがとうございました。

それでは皆さん良いお年を!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(2) | ▲ top
ウボンの大日本帝国海軍軍人
2017/05/22(Mon)
ウボンの大日本帝国海軍軍人
IMG_1469.JPG

まさかウボンの夜店の屋台で旧大日本帝国海軍軍人と出会えるとは思ってもみませんでした。

旭日旗ジャンパーとは、まるで日本の昭和の暴走族ファッション。

「萬朶の櫻」とはまた随分と難しい日本語を知っていますな(笑)。

こういうファッションがウボンの若者の間では「カッコいい」とされているようです。

この種のマチガイ日本びいき、変テコ親日感情は、嬉しいやら恥かしいやらで苦笑してしまいます。

ありがとうウボン!

これからも我が国への変わらぬご愛顧を宜しくお願い申し上げます。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
サワディーピーマイ2017
2017/01/03(Tue)
トゥンシームアン公園
IMG_2223.JPG

みなさん明けましておめでとうございます!

タイとラオスの国境にある小さな田舎町、ウボンから現地の情報を発信する当ブログも、何と開設11年目に突入しました。

プッ、一年に数回しか更新しないブログのくせにエラそうなことを言うな、と言われそうですね。

はい、おっしゃる通りです。

でも継続は力なりで、続けることが大切だと思ってウボンの魅力を細々と書いています。

写真はトゥンシームアン公園です。

やはり例年と変わらぬ大盛況ぶりで、出店の数も来場者数もいつも通りでした。

ミスコンと大物歌手のコンサートこそありませんでしたが、ローカル演歌歌手が来たりと例年通りのドンチャン騒ぎでした。

やはりウボンの年末年始はこれでなくっちゃいけません。

いや~ウボンって本当にいいもんですね。私はウボンが大好きです。

それでは今年もウボンの人々とウボンとご縁のある日本人にとって2017年が素晴らしい一年になりますように。

サワディーピーマイ!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
毎年恒例のウボン年末年始行事が中止
2016/12/17(Sat)
毎年恒例のウボン年末年始行事が中止
---2560-01.jpg

やはりと言うべきか。

毎年恒例となっていた、ウボンのトゥンシームアン公園で開かれる年末年始の行事が中止になりました。

ミスウボンの選考会も毎年大物アーティストが来るコンサートも中止です。

県庁とウボン赤十字の実行委員会が決定し発表されました。

現在、タイ国内がプーミポン・アドゥンラヤデート前国王崩御の喪に服しているため、というのがその理由です。

このブログを始めて早十年。

毎年のように楽しみにして通っていた、ウボンの年末年始行事が中止になり残念な気持ちです。

2006年に初めてウボンに来てこの行事に参加した時は、これぞタイの地方都市の文化、これがウボンだ、という実感と感動を覚えたのを昨日のことのように思い出します。

実際はウボンというより、タイ全土の地方都市でこのような年末年始のイベントを県庁近くの公園や道路で開催しているのですが。。。

ミスウボン美人コンテスト中止と書いてあります
---2560-03.jpg

しかし、ウボン赤十字の公益事業資金調達のためのチャリティーを、12月29日から1月7日まで県庁前広場で行うと発表がありました。

ムムム、タイに詳しい人はピンと来るのではないでしょうか。

タイはダブルスタンダードの国。言ってる事とやってる事が全く違うのがお国柄。

表向き中止にしておいて、実際はこっそり開くのではないでしょうか。

完全に中止にしてしまうと、ローカル演歌歌手や数百もある露天商、移動式遊園地で生計を立てている人が路頭に迷ってしまう。

そこで対外的には中止を表明して、実際は規模を縮小して今年も開催するのでは、というのが管理人の読みです。

果たしてどうなるのか注目です。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タイのプミポン国王崩御
2016/10/17(Mon)
ウボン県庁舎
--02.jpg

いつかこの日が来ることを予想していましたが、ついに来てしまいました。

在位70年の長きにわたり、タイ国民から敬愛を受けてきた国王がついにその生涯を終えたのです。

国家の精神的支柱を失ったタイ国民の悲しみと喪失感は、日本人には推し量り難いところがあります。

喪服で整列するウボン県知事以下の県庁職員
--001.jpg

喪服で先頭に立つのがウボンのサンヤー・ジーラオン県知事です。

日本人にとって明治天皇や昭和天皇が崩御した以上の衝撃が、タイ国民にはあるのではないでしょうか。

70歳以下のタイ人にとって、プミポン国王不在のタイなど知り得ないし、あり得ないことでしょう。

トゥンシームアン公園の弔問記帳台
--08.jpg

トゥンシームアン公園では、弔問の記帳台を設けています。

今後、1年間ほどは国中が喪中になることは避けられません。

タイ国内が混乱や内乱に陥った時は、常に調停役として収拾と平和に導いてきたプミポン国王。

今後のタイは不透明で、事態の成り行きを見通すことはできません。

親愛なるウボンの人々に心から哀悼の意を捧げ、国王のご冥福をお祈り致します。合掌

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。