スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
メナムの残照
2008/01/31(Thu)
メナムの残照
menam1

年末年始はずっと日本にいた。どこへも行かず一心不乱に小説を読んでいた。遅ればせながら、タイ文学不朽の名作「メナムの残照」(タイ名『クーカム』:運命の相手』)を読んでいた。

この小説はタイと関わる日本人にとって正に必読の書だ。日本ではタイに興味のある人を除いて全く無名の小説であるが、タイでは知らぬ人はいない。

タイを代表する作家トムヤンティ女史が1963年に発表。たちまち評判になり、3度のTVドラマ化と3度の映画化がなされている。ミュージカルとしても上演されている。

テレビで放映された時には街角から人影が消え、スリやひったくりが減るほどタイ人は家でテレビにかじりついて感涙にむせんでいたという逸話まで残るほどに有名な作品だ。

khukam1

舞台は第二次大戦中のタイ・バンコク。タイに進駐して来た日本軍将校小堀(コボリ)大尉とタイ人女性アンスマリンの時代に翻弄される悲運の愛を描いたラブストーリー。

私もタイ人から「あなたのナームサグン(苗字)はコボリですか?」などと聞かれたことがあるほど、小堀はタイで最も有名な日本人の名前である。

小説はフィクションであるが、時代背景は史実に基づいて忠実に描かれている。小堀は日本軍が所有する造船所の所長という設定であるが、実際に当時トンブリ地区に日本軍の造船所が存在したらしい。

タイには数万人の日本軍が進駐していた事実を考えれば、この小説のような日本軍人とタイ人女性とのラブストーリーは実際にあったかもしれない。

トムヤンティ女史は後に国王より最高文学賞を授与され、タイ女流作家協会会長、タイ王国上院議員まで歴任している。そんなタイ文学不朽の名作が「メナムの残照」なのである。

khukam2

さて、一気にこの小説を読み終えた私の読後感は、「こんな日本人の男がいる訳ねーだろ!!」というものだ。

タイに進駐して来た日本軍人の小堀に対して、当初アンスマリンは警戒感・不信感を抱いて露骨に彼を遠ざけようとする。しかし小堀はひたむきにアンスマリンに好意を寄せ、自分の胸の内を伝えようとする。

「いつもあなたのことを思っています。出来るだけ来ないように努めているのですが、辛抱できなくなります。」
「私は絶対にあなたの味方になります。」
「私は心からあなたを愛しています。」

読んでいるこちらが恥ずかしくて赤面するような台詞である。そしていつしかアンスマリンは次第に小堀に心を開いていく…。その後二人は永遠の愛を誓ってハッピーエンドで終わるのかと思われた。

khukam3

しかし事態は予想外の展開になり、最後は悲劇的な結末を迎える。これから読む人のために詳細を伝えるのは控えるが、何とも後味の悪い結末で私は暗澹たる思いになった。

メナムの残照を単なる恋愛読物として読んでも面白いが、タイという国およびタイ人を理解する上でも非常に示唆に富む作品である。タイ人は日本人をどう認識しているかを知る上でも助けになる。

この物語で巧みに描かれているのが「タイ人の二面性」だ。タイ人の二面性とは、顔ではこぼれんばかりのニコニコ笑顔を振りまきながら、腹の中ではしたたかにソロバンをはじく狡猾さである。

khukam4

戦後のみならず戦前においてもタイは親日的な国であった。国際連盟で満州国に関する日本の主張は42対1(棄権1)の圧倒的多数で否決され、日本は連盟を脱退して国際的孤立の道を歩む。

その際、日本の立場に配慮して棄権票を投じたのが当時のシャム王国(タイ)であった。この時タイはある野望を持っていた。タイが欧米列強の植民地にならなかったのは、日本のような富国強兵策を取ったからではない。

当時タイ領であったラオス、西カンボジア、北マレーシアを、フランスとイギリスに「これで勘弁して下さい」と割譲して危機を脱したのである。タイとしてはこの領土を何とかして取り戻したい。

khukam5

そこへ破竹の勢いでフランスとイギリスを撃破してインドシナ半島に進軍して来たのが日本軍だった。タイは日本と同盟条約を結んで日本にタイ国内の駐留を認める一方、フランスに割譲したかつての領土を取り戻すことに成功。

タイ政府は日本軍をタイ領内に駐留させる一方、タイ国内で「自由タイ」と呼ばれる抗日地下組織の活動を黙認した。表向き日本軍に協力を誓いながら、裏ではレジスタンス活動をしていたのである。

物語では主人公アンスマリンの父親は、タイ軍将校にして同時に自由タイの幹部という設定だ。表向き日タイ友好の証として自分の娘を小堀と結婚させようと画策する一方、抗日地下活動を指揮していたのである。

史実では日本の敗戦が決定するや、タイ政府は日タイ同盟を無理やり押し付けられたものと主張。ちゃっかり連合国側に寝返って敗戦国にならず見事に逃げ切った。いや~誠にあっぱれな「タイ人の二面性」ですな。

khukam6

この種のしたたかさは、何も外交政策や小説に限った話ではない。卑近な例では、水商売のおネエちゃんにさんざん入れ上げた挙句、金の切れ目が縁の切れ目でケンモホロロに捨てられた日本の男性諸君は多いだろう。

上は政府高官から、下は水商売のおネエちゃんまで、タイ人はこうした二面性を持っているのである。タイが微笑みの国であることは本当だ。しかしタイ人が誰にでも笑顔で手を合わせる訳ではない。

タイ人がニコニコ笑顔で合掌する相手とは、ズバリ言って自分より権力がある人や金を持っている者なのである。タイ人の中には相手を目下と見るや、ニコリともせず横柄な態度を取る奴もいる。

だからといって私は「絶対タイ人を信用するな」と言っている訳ではない。こうしたタイ人の持つ二面性をよく理解した上で、タイ人と仲良く付き合っていきましょうと言っているのである。

khukam7

さて、これほどまでに国民的人気のあるメナムの残照のお蔭で、日本の男性は実像以上にタイの女性から好感を持たれ、過大評価されていると言っても過言ではない。

タイの女性の中にもメナムの残照に憧れて、「私はアンスマリン」「白馬に乗った日本人コボリが私を迎えに来てくれる」などとオメデタイ勘違いをしている人も多いだろう。国際結婚が多いのも頷ける。

しかし日本人外国人を問わず、小堀のような誠実で一途な愛を貫く男などそう多くいる訳がない。そこでメナムの残照に影響を受けて日本人と結婚したはよいが、「この人、ぜんぜんコボリじゃな~い」ということになる。

こうした誤解や破局を招いているとしたら、メナムの残照とは何と罪作りな小説かと思う。いや、それは私の邪推というものだろうか。

カッコ良すぎるぞ!小堀!
kobori1

いずれにせよ、まだお読みになっていない方は是非一読をお勧めいたします。タイ人を理解するヒントになることと思います。

私が読んだ角川文庫版は400ページ近くあるものの抄訳版で、全訳版はもっと厚みがあるとのこと。更にメナムの残照には続編があり、戦後のアンスマリンについても描かれているそうです。

機会を見つけて続編を読むことを今から楽しみにしています。


追伸:ブログの更新をサボっている間に5万アクセスを突破してしまいました。誰が読んでいるんだろう?妻タイ者かな。読者がいる限り閉鎖せずにのんびり更新していこうと思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
スポンサーサイト
この記事のURL | 日本にて | CM(5) | TB(0) | ▲ top
ビーマンバングラデシュ航空2
2006/10/27(Fri)


訂正します。ビーマンバングラデシュ航空は無くなりません。現在の運行スケジュールが変更になります。新たなスケジュールで運行するまでの間、就航がストップするだけでした。これで安心。燃料サーチャージをこれまで通り、たったの600円程度で維持してくれることを祈るのみです。他のエアラインだと航空券代+2万は上乗せされるので、ビーマンの安さは段違いです。

今日のフライトは片道のバンコク経由ダッカ行きです。日本人搭乗者はみな普通の観光客とは一風違った流れ者風の人ばかりであった。お前もそう?今更驚かないが、機内はボロボロ。イヤホンや音楽のチャンネルを換える部分が丸ごと無くなって、テープが貼ってある。これは大爆笑。
PA270007.jpg

ビーマンバングラデシュ航空のスチュワーデスに逆ナンされた!?
PA270008.jpg

面白いので写真を取っていると、スッチーが「私も取る?」などと言ってきた。「Eメールで送ってくれない?」と言ってメールアドレスを手渡してきた。これは一体??逆ナン?仕事中にそんなことしていいのかよ。ビーマンは機体だけでなく、スッチーまでやってくれる。ビーマンのスッチーからメールを教えてもらったところで嬉しくもないが、こんなの私くらいなものか。彼女はバングラの基準では美人の部類に入るのかもしれないが、自分にとっては「濃すぎる」。まあバングラの女と付き合ってみるのも悪くはないかな。

機内食はメチャうまだった。牛肉のカレーは絶品の味(写真)。それにイスラム教徒の国なのに、機内ではビールも出る。味良し、酒良し、女良し。これで34,000円は安すぎる。ビーマンよ、これからもコストパフォーマンスの高いフライトを提供していってくれ!ありがとうビーマン!
PA270010.jpg

この記事のURL | 日本にて | CM(2) | TB(0) | ▲ top
タイのクーデターとタクシン前首相
2006/10/13(Fri)
int-view-000.jpg 1149236.jpg
昨日のNHKクローズアップ現代で、タイのクーデターを特集していた。一橋大学の浅見靖仁教授と国谷裕子キャスターが終始一貫して主張していたクーデターの構図は、「都市中間層」VS「地方農民」の対立というものだった。しかしこれは違うと思う。真の構図は「タクシン首相」VS「反タクシン合従連衡」というものである。その反タクシン勢力が国王擁立に成功したことがクーデターの要因であると分析する。

確かにタクシンが都市中間層を中心に国民から支持を失った理由は沢山ある。①首相という地位を悪用しての不正蓄財と税金逃れ、②国王を意に介さない発言や姿勢、③酒、煙草、飲食店、メディア等の常軌を逸した規制の強化、④麻薬撲滅、テロ掃討を口実にした大量虐殺、⑤彼の華僑色の強さに対する反発などが挙げられる。

こうしたタクシンに対して、都市部だけでなく地方の農民の支持も彼は失っている。番組での説明とは裏腹に、地方は親タクシンの一枚岩ではないのである。ウボンラチャタニで聞いた話にこんなものがある。タクシンの功績として、一村一品運動(OTOP)がある。これは大分県が発祥の地で、タクシンが積極的にタイの地方に導入して推進し、地方農村の産業振興に役立てたというのが内外での“定説”になっている。

しかし現地で聞くところによると、OTOP(オトップと発音)で利益を上げているのは中規模以上の農家や商工業者であり、零細農工業者は恩恵に服していないというのである。またOTOPは生産には熱心に力を入れて推進するものの、マーケティングや流通、販売にはそれほど成功を収めていないそうである。従って在庫が増えて、思ったほどに収益を上げていないそうである。またタイ農協銀行(BAAC)の規制緩和などで零細農家が融資を受けやすくなったのは事実だが、同時に借金苦も深刻な問題になっているようである。

日本が支援していることもあり、タイの一村一品運動は「いい話」しか聞いたことがなかったので、現地でこうした話を聞いて驚いたものである。従って地方農村は決して親タクシンで固まっておらず、都市中間層VS地方農村という構図は誤りなのである。デモに参加している人々を見ると、都市部のホワイトカラーとは到底思えない人々が多く混ざっている。

こうした動きに対し、タクシンと対立し期を見るに敏な軍部が行動を起こしたのではないか。反タクシンの数万のデモ隊は、シンボルカラーの黄色一色。黄色は国王を表わす。そのTシャツには「ラオラックナイルワン(我等は国王を愛す)」というスローガンが掲げられている。クーデターを起こした軍の兵士も、軍服やM16自動小銃に黄色のリボンを結びつけて、国王を擁していることを暗示している。つまり反タクシンの合従連衡勢力に軍部が便乗し、国王を擁したことが無血クーデター成功の理由ではないだろうか。

NHKのクローズアップ現代は、ソンティ司令官のインタビューに成功するなど評価できるが、その分析には疑問を感じる。浅見教授もメディアを通じてしかタイの情報を得ていないのではないか。今回はにわかタイ評論家のようになってしまったが、このネタは面白いので今後も見守っていきたい。

この記事のURL | 日本にて | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タイのビザ取得
2006/10/06(Fri)
visa1.jpg

ようやくタイのビザを取得できた。これで合法的にタイに長くいられる。タイで何をするともなくブラブラしている沈没型日本人が増えているため、ビザの発給は年々難しくなっていると聞く。今回はノンイミグラントビザなので90日間(延長可)滞在できる。ビザの取得は面倒なので、二度手間を省くために大使館のホームページで念入りにチェックし、疑問点は電話をかけて聞くのがよいだろう。

職員は午前中は申請者の対応、午後は書類チェックや電話対応に追われる。つまり大使館行くのは午前のみ、電話をかけるのは午後のみとなる。電話はつながりにくいが、丁寧に聞けば親切に教えてくれる。例えばビザの申請には訪タイのフライトを確定しておかなければならない。しかしお馬鹿申請者は「えっそうなんスか?」などと窓口でモメている。

カシット・ピロム前大使に何度か会ったことがある。ジョージタウン大学卒のインテリ。とても精力的で、スケジュールの都合さえつけば日タイ関係のあらゆる行事・会合に出席していた。日タイビジネスフォーラムを立ち上げたりしたが、駐米大使に赴任された。

最近タイに長期で行く日本人はロングステイのリタイヤした老人が多いようだ。サラリーマン時代にタイ駐在の経験のある人ならば、快適に第二の人生をタイで送れるだろう。バカ丁寧で杓子定規な日本の常識をタイに持ち込ます、風の流れるままに暮らせば日本にいるより幸せかもしれない。自分が老人になった時、タイは果たしていかなる国になっているのか。今の韓国・台湾ほどになっているのか。発展してほしいと思う反面、このままのんびりとしたところが変わってほしくないとも思う。
この記事のURL | 日本にて | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ビーマンバングラデシュ航空
2006/10/03(Tue)
AEREO1.jpg

1.jpg

マイレージは貯めやすいが使いにくい。UAの無料航空券がゲットできるまで貯まったが、まったく予約が入らない。試しにビジネスやファーストでも調べたが、全く空きがない。こうなるともう詐欺ですな。何がマイルを貯めて海外に行こうだ。以前チャイナエアラインでは簡単に取れたのだが。こうなるとアホらしいが買うしかない。ビーマンバングラデシュ航空の10/27バンコク行きを購入。

また一つ古き良きタイ旅行の風物詩が姿を消す。ビーマンバングラデシュ航空(BG)が日本路線から全面撤退!2006年11月以降完全撤退するという。ネットで倒産説が流れているが、クーデターでも起きない限り、潰れはしないだろう。BGはある意味で安かろう悪かろうの代名詞的存在。失礼ながら最低・最悪の航空会社だった。それだけにタイ貧乏旅行者の強い見方だったのだ。

世界の航空業界からも孤高を保ってきた。最近の燃料サーチャージ便乗値上げのオンパレードの風潮の中で、たった¥630しか追加徴収しない太っ腹さ。BGが無くなれば、今後どの航空会社を使っても、航空券代に20,000円近く上乗せさせられてしまう。これも負け組エアラインの宿命なのか。寂しい限りである。

搭乗する27日は、BGの日本路線最後のフライト。案外特別なイベントやプレゼントがあったりして。ある訳ないか。写真は1997年と2004年のビーマンの墜落事故のもの。こりゃマジで危険極まりない。乗るのも命がけのエアラインですな。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
この記事のURL | 日本にて | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。