スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
スワンナプーム空港開港
2006/09/28(Thu)
Suvarnabhumi.jpg

スワンナプーム新国際空港が開港。その開港初日に利用することとなった。ドームアン空港の方がアジアっぽくって好きだったんだけどな。香港も啓徳飛行場の方が面白かった。着陸する時など、香港のネオンサインや民家の物干し竿ギリギリにランディングするものだから、墜落するようなスリルがあった。金ピカの新空港は面白さもへったくれもない。ここは一体どこの国?とさえ感じる。バンコクも然り。

ボケUAは朝の6時なんぞに離陸するものだから、4時には着いてないといけない。この間の悪さ。フアランポーン駅出て左手のレストラン街でビールを飲みながら時間をつぶす。警戒にあたる軍人や駅で寝る人等、深夜のフアランポーンも趣きがある。店員はラオスの兄ちゃんだった。シャトルバスが出るらしいが、当然この時間はない。タクシーで行く。英語でSuvarnabhumiと表記するが、「スバーナブミ」と言っても通じない。スワンナプームの方がタイ語に近い。駅から新空港まで280Bで行った。

ついに完成したか!と思いきや、よく見ると所々でまだ作業員が作業している。とりあえず客に見える所だけ先に突貫工事で済ませただけ。さすがはタイ。チェックインカウンターには日本人やマスコミも来ていた。お決まりのタイ人オネエちゃんを連れた学生風の男が前に並んでいた。

自分の番になると係員が「スミマセン」と言ってきた。おお~日本語でチェックインできるようになったのかと思いきや、ただ原稿を棒読みしているだけ。「シャンプーナド、エキタイハナニカモッテマスカ」。「No」と答えるとしまいには、スミマセンだけ日本語で後はずっとタイ式英語になってしまった。空港のハードは変わっても、タイ人の仕事の仕方は変わっていなかった。

乗ったUAは、新空港からの離陸一番機だとかで証明書をくれた(写真)。こんなものよこさずに、マイルをくれよと思うが、潰れかかった航空会社だから仕方ない。マイルが貯まったからといって、無料航空券の空席はなかなか予約が入らない。今回はわずかな滞在だったが、色々とタイの歴史に残る場面に立ち会うことができて有意義な訪タイだった。
20061009234745.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | バンコクにて | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ウボンラチャタニ駅
2006/09/27(Wed)
Ubon02station.jpg

午前中はのんびり過ごす。昼になるとタイ人女性の女友達がやってくる。一緒にお昼ご飯を食べようというので、彼女の車で外出。彼女は車で5分位のところで公務員をしているらしい。わざわざ車で昼休みに友達に会いに行くというのも面白い。バミーを食べる。彼女がおごってくれた。女が男におごるというのもよくあるのだろうか。その後、彼女の車でショッピングへ。

BAIFAI(Khuanthani Road 36)はタイ木綿の洋品店(写真)。ここは一村一品運動(OTOP)の一環として生産されたコットン衣料を売っている。材質、縫製、デザインを見ると、とてもよくできている。外国人もほとんど来ない。値段は格安。地元民が紹介するだけはある。女性用のブラウス2着を買った。1着たったの140Bだから驚き。

昼過ぎにバンコクへ向かうため、ウボンラチャタニー駅へ。思いっきり1時間半の遅れ。昼の列車なので寝台はない。寝台車にはないサービスとして、弁当と飲み物が付いてくる。こんなことにも喜んでしまう。タイの駅弁もとてもおいしい。残念ながら、ビールは途中駅の売店で買わなければならない。12時間も椅子に座っているのは退屈かと思いきや、あっという間にフアランポーン駅に到着。
PA090013.jpg

この記事のURL | ウボンの日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
海外日系企業に勤める現地人女性
2006/09/26(Tue)
newpage_02.jpg  20061008134802.jpg

今日はクレジットユニオンに行く。零細農家や商工業者に小額融資を行っている組織だ。信用金庫のようなものを想像していたら、もっと小さく日本の質屋のようだった。その後はウボンラチャタニ市政府へ。日本の市役所で言う商工課のような部署を訪ねた。アポ無し訪問のようであったが、30分ほど話を聞かせてくれた。クーラーがガンガン効いている。パソコンもオフィスに結構あった。英語の資料でもあれば頂きたいのですが、と聞くと「マイミールーイ(全く無い)」と言われた。それでも一村一品運動のウボンの産品を紹介した本を一冊進呈してくれた。ありがとうウボン市役所。

その後タイ人の知人の親戚の家へ。「私の親戚にJALで働いている女の子がいるから紹介する」と言う。そんな人に会いたくもないが、せっかく誘うものだから付いていく。会ってびっくり。かなりの美人だ。ここで日本企業の嫌らしさを感じざるを得ない。「お前ら顔で選んでるのかよ」。タイ、ベトナム、中国と海外に進出した日系企業の現地人女性社員はこの手のタイプが多い。まあ、日本の女子大生だって、かわいい子で就職決まっていない子なんていないもんな。日本企業の助平・変態根性丸出しの実態を改めて見せつけられて気分が悪くなった。

その子は放っておいて、イサーンの家庭料理に舌鼓を打つ。美味い!ラープが本場の味。トムヤムガイにカイジャオにハーブ野菜。ガピと呼ばれる海老味噌は鼻がひん曲がるほど臭いが、辛くて美味。う~ん、これば本場タイ東北の家庭料理か。うまそうに食べていると、私を見てみな驚く。
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウボンの物価
2006/09/25(Mon)
27341_G.jpg

今日は一日雨。今日の朝食のカノームバン(パン)を昨日近くのミニマートで買っておいた。たった20Bの買い物に、店主のオバちゃんはとてもいい笑顔を見せてくれた。バンコクや地方のファラン(欧米人)が多く来る店のタイ人従業員は、苦虫を噛んだような仏頂面の奴が多い。その点これがウボンの良いところか。

昼は車で5分ほどの所にあるナムトック(牛の血スープ)の店へスタッフと行く。大体どこの店も一食20Bが相場だ。バンコクでは屋台の食事で25Bというのが多かった。今日はナゼか割り勘。ある時は私を含めて誰かのオゴリになったり、今日のように割り勘になる。この法則がよくわからん。

タイの通過儀礼である下痢腹痛がまだ直らない。薬局に行くとこれまた満面の笑みの薬剤師が抗生物質を調合してくれた。処方箋なしに抗生物質を売っていいのかよ。さすがはタイ。これは60B。

家のインターネットの接続状態が悪いので、メールチェックのためにネットカフェに行く。客は皆ゲームに相当熱くなっている。受付に誰もいないので、店員を探す。するとそばでゲームに大興奮している奴が画面を見ながら「適当に座れ」と言ってきた。こいつが店員だったのか。勤務中に商売道具のパソコンでゲームをして遊び、それに熱中している。さすがはタイ。2時間ネットをやってたったの15B。もっと取れよ。
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タイ式飲み会
2006/09/23(Sat)
258320-Ubon-1.jpg
 
ウボンに来てから初めての週末。
ウボンはバス、タクシー、トゥクトゥクなどの公共交通機関もあまり走っていない。バイクが重宝するが、国際免許などシャレたものはもっていない。タイ人から「大丈夫だよ。警官に何か言われたら、外国人なんですと言えばいいのさ」と言われた。無免許、ノーヘル、飲酒運転など全然OKなのだ。今飲酒運転追放キャンペーンで大盛り上がりの日本とは大違い。でもパクられたらやはりワイロを要求されるのか。

夕方、タイ人の友人から飲みに誘われる。ビッグCの裏手にオシャレな飲み屋が何軒か並んでいる。ウボンにはビッグCもロータスも進出していてそれほどの田舎ではない。まだ明るいうちから100Pierを飲む。辛いイサン料理がこれまた酒に合うの何の。特に揚げた丸ごと一匹の雷魚に激辛のマリネ、香菜をかけた料理が美味い。

飲んでいるとタイらしいシチュエーションになってきた。まずこの男のピーチャイ(兄貴)と称する男が合流。顔が全く似ていない。実の兄ではなく、単なる兄貴分なのか。その後友達と称する男2人も合流。しこたま飲んでその2人は解散。その後女友達のOL2人が合流。地元のイサン出身にしては肌が白い。聞くと一人は中華系だとか。お決まりの「年はいくつ?結婚してるの?恋人はいるの?」と言う質問から始まり、会話は結構盛り上がる。

夜が更けてくると店は満席に。この店は人気のようで繁盛している。我々の周りにスルメや焼き昆虫の屋台が出始めた。飲み屋の前に屋台が出て、客に物を売るというのは日本では考えられない。店から営業妨害と言われかねない。タイでは全くOKらしい。店の料理を食べつつ、スルメや昆虫を食べる。この店が繁盛する理由は店員の女の子ではないか。メチャクチャかわいい。スタイルも良く、ミニスカートを履いている。こんな田舎にこんなかわいい子がわんさかいるとは驚きだ。渋谷を歩いていてもこれほど多くの美人にはお目にかかれない。タイのレストランの店員は、客のグラスが空になると、何も言われなくてもビールをついだり水割りを作ってくれる。こんなサービスは日本ではキャバクラくらいのものだ。

PB010066.jpg
彼女たちが通称チアーと呼ばれる女の子。スタイル良し、サービス良し、愛嬌良し。繰り返しますが、決してキャバクラの類の水商売ではありません。普通のレストランです。

一緒の女の子達は2時間ほど話して帰っていった。我々もボトル2本飲んですっかりいい気分。ボトル2本に7人で飲み食いしてたったの2000B。兄貴が1000B、我々が500Bずつ払って思いっきり酒気帯び運転で帰宅する。
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ソムタムの鉢工場
2006/09/22(Fri)
P9220005.jpg

午前中は日本語→英語の翻訳作業。タイ語に翻訳してあげたいところはやまやまだが、まだ難しい。日本語はそのまま訳したのでは意味が通じない。「だから結局何が言いたいのだ?」という結論は言外に匂わすからだ。そこを伝えなければならない。まあ、ここのタイ人の英語力は相当怪しいので、そこまでは必要ないか。

午後は職業訓練プロジェクトの一環を見学に行く。ここはあのソムタムの鉢を作る工場が多い。さすがはイサーン。小さいがあちこちにこの工場がある。もっと労働集約して大きい工場にした方が生産性が上がると思うがどうだろう。そこは日本人と違ってマイペースで独立採算でやりたいのか。タイらしい笑ってしまう光景を発見。ゴルフ好きな日本のオヤジが、庭に打ちっぱなしのゴルフネットを作るような感覚で、タイのオヤジはこのソムタム鉢工場の一角にムエタイのリングを作ってしまった。さすがはタイの国技だけある。写真取るのを忘れた。

夜は同居人が実家に帰っているので私一人。タイのラム酒サンソムをつまみと一緒にちびちび飲む。至福のひと時。
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウボンラチャタニに到着
2006/09/21(Thu)
Thailand_Ubon_Ratchathani.png 20061006210519.jpg
地球の歩き方2006年度版を買っても時刻表は古くて間違っている。これが最新版の時刻表。一等寝台は個室だしつまらん。クーラーも効きすぎる。1時間半ほど遅れて翌朝にウボン着。迎えはどうせスッポカしているだろうとの予想を裏切って、自分の名前を書いた紙を持った男が駅のホームに立っている。やるじゃないのウボン!

AM:事務所の人たちはタイらしい笑みと合掌で迎えてくれる。その後、事務所の概要についてブリーフィング。
PM:プロジェクトの現場視察。ここは日本の無償資金協力で建てられた職業訓練施設だとか。う~ん立派。掘っ立て小屋のようなものを想像していたが、ちょっとした工場だ。シャツを作っているが、品質や縫製もしっかりしている。

夜は同じ事務所の男が夕食に案内してくれた。美味い、辛い、安いと三拍子そろったオープンエアのタイレストランで、地元の人々でにぎわっている。人良し、土地良し、食べ物良しで初日からすっかりここが気に入った。

P9210004.jpg
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タイでクーデター発生
2006/09/20(Wed)
PA040010.jpg

朝8時すぎにホテルの部屋の電話が鳴った。こんな時間に誰だろう。出るとタイ人の知人から。「ニュース聞いたか?」何かと聞くと「クーデターだ。」どひゃー。えらいことになった。「今日事務所は閉鎖する。とにかくウボンに行ってくれ。切符は運転手に届けさせるから。」と言って切れた。朝飯がてらにバンコクポスト紙を買うと、一面トップで報じている。

午後王宮前広場に見に行く。兵士の数は多いものの、とてもクーデターが起きて戒厳令下の都市と言う雰囲気ではない。226事件のような状況を想像していたので拍子抜けした。その後ラチャダームヌンの官庁街へ。ここは人が多く出ていた。驚いたのは、その人手を当て込んだ屋台の数(大笑い)。そうだよなー、クーデターなんかより、日銭を稼ぐ方が大事だよなと妙に納得。人々は兵士と一緒に記念撮影などをしている。兵士の方も照れ臭そうに「オーケーオーケー」などと言って応じている。ふざけたガキはM16の銃まで持たせてもらっている。う~んさすがはタイのクーデターは、他とは違う。

夜行列車に乗ってウボンへ。切符をタイ人に頼んでおいたら、1等寝台など買ってきやがった(1000B強)。2等エアコン無しでいいのに。いつか列車のエアコンで風邪を引いて大変な思いをしたことがある。自分が日本人だから気を使ったのか、彼らはいつも1等寝台に乗っているからそうしたのか。タイの鉄道の食堂車で、車窓の風景を眺めながらビールを飲むのは至福の一時だ。

600_thai_1.jpg

この記事のURL | バンコクにて | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バンコク到着
2006/09/18(Mon)
2383.jpg

UA837にて23:05バンコク着。このドームアン空港に来るのも最後。この古き良きアジアの空港が好きだった。このボロい建物、独特の空調から出るカビの臭い。金ピカの新空港などいらない。

怪しいプラディパットホテル-宿はプラディパット通りのプラディパットホテルにした(800B)。ネット上の情報では、手頃な格安ホテルとのことだったが(写真)、はっきり言って連れ込み宿だ。ベルボーイが盛んに女性をすすめてくる。部屋は天井に鏡。ホテル内には怪しいカラオケやマッサージ屋。廊下の机で清掃婦が寝入っている。だがいかにもタイらしいこの手のホテルはまんざら嫌いではない。こうした由緒正しい(?)タイ式ホテルが少なくなっているのは寂しい。フライトで疲れており、周辺に適当な店が無かったので、ホテル内のマッサージ屋に行く。

あまり上手くない30代の女性マッサージ師が盛んに股間をマッサージしてくる。おいおい、そんなつもりで来たんじゃないんだ。今日は疲れているんだ。こんなオバサン相手にそんな気など起こらない。1時間300Bで100Bのチップまでせがまれた。ホテル内のマッサージ屋は極力行かない方がいい。初日からいかにもなタイ式の洗礼を受けてしまった。
この記事のURL | バンコクにて | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。