スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
サンティポーチャナー
2007/04/26(Thu)
サンティポーチャナー


このレストランもいつ行ってもタイ人客で賑わっています。

味と値段で他の店と比べれば、私個人的にはウボンNo.1のレストランではないかと思っている。とにかくあらゆる種類のタイ料理が安くて美味しい。

店名はサンティポーチャナー。「平安食膳」とでも訳そうか。

テキトーに店名を付けているレストランが多い中で、少しひねった名前の店は味の方も工夫が凝らされているような気がします。

サンティポーチャナーの店内
PB300235.jpg

場所はパローチャイ通りからチャワランオク通り(Chawalanok Rd.)に入ったところにあります。ちょうどTohsang Hotelがある十字路の角にあります。

トーサンホテルは交通の便が悪い所にありますが、ホテルの設備や部屋からの眺めは最高です。父さんホテルという響きが日本人には覚えやすく、プチセレブ体験ができます。

このレストランはあまりに繁盛したためか、道路をはさんだ向かい側にまで店を拡張しています。

チアビアのおネエちゃんも一人おり、道路をはさんで行ったり来たりと大忙しです。

私はかなりタイ語のメニューが読めるようになってきましたが、それでもカオパットだのガパオムーだのといった定番のタイ料理に限られます。

サンティポーチャナーのメニュー例
P2140684.jpg

この店のメニューのようにちょっとひねったタイ語の料理名になるともうお手上げです。でもこうした料理こそタイ料理の奥深さ・真髄を表わすのではないでしょうか。

私は料理の注文はいつも連れのタイ人に任せています。

毎回のようにまだ一度も食べたことのないタイ料理が運ばれてきます。

「こんな美味いタイ料理がまだ他にあったのか」と驚くほどタイ料理のレパートリーは豊富で尽きることがありません。

PB300237.jpg

タイのガイドブックに掲載されているタイ料理や、日本にあるタイ料理屋のメニューはあくまで定番メニューであり、氷山の一角でしかありません。

タイの地方都市では、地元で取れる野菜、魚、肉の数々が新鮮な食材として調理されます。そして舌の肥えた地元民に愛されているタイの郷土料理とも言うべき品々を堪能できます。

しかし日本人の一人旅の場合、タイ語のメニューがよく読めないということもあり、毎回カオパットやトムヤムクンなどありきたりの料理を注文してお茶を濁しているのが普通はないでしょうか。実は私もそうです。

そこでタイ人と一緒に食事をすることで無限のローカルタイ料理ワールドへと扉が開かれます。そのためには全員分の勘定を支払うことに躊躇してはいけません。

この日は4人で食事をしてビールも飲んでも500Bちょっとだった気がします。

P2140681.jpg

この店もタイ人と行くのがよいでしょう。そういえば屋台を除いてタイ人が一人でご飯を食べていたり酒を飲んでいるのを見たことがありません。

いつも何人かでワイワイと飲み食いをしており、「お一人様」の客は全く見かけません。タイ人はそんなに一人で飯を食ったり酒を飲むのが嫌いな寂しがり屋さんなのでしょうか。

私の生活も常に誰かタイ人と一緒にいる毎日です。食事は昼も夜もレストランで大皿を皆で突つきながら食べています。

それはそれで結構楽しいのですが、個人のプライバシーなど全くゼロの生活で、とにかく私を一人にさせてはくれません。常に誰かと一緒というのも正直言って疲れます。

ウボンの街角
PC270476.jpg

これと対照的なのが個人主義のアメリカ社会。ことさら相手のプライベートな部分に口や手足を突っ込んではならないというのが相手に対する礼儀だと考える風潮がある。

これはこれで大切なことであり、お蔭でアメリカ社会には日本のような超うっとおしい人間関係や妙なシガラミといったものは皆無だ。

でもこの反面、人を極端に孤独の状態に陥れてしまう。外国から来た人などは、これにホームシックとカルチャーショックのダブルパンチも加わる。

先日バージニア工科大の銃乱射事件で32人も射殺した韓国出身のチョ容疑者は、とても孤独な青年であったことが報道されている。

ウボン風コーヒーショップ
P2180732.jpg

この男は病的な被害妄想であったのかもしれないが、私の場合は体重が急激に落ちて髪の毛が抜け始めた。

教務の先生に相談に行くと心理カウンセラーの所に行くように言われた。アメリカの大きな学校には、校内に心理カウンセラーが常駐している。

「これは別にキミがクレイジーと言っている訳じゃないんだよ」「誰にもあることなんだ」「私にもあった」などと言われたことを覚えている。

極端に人を放っておくアメリカ社会と、決して一人にはさせてくれないタイ社会。果たしてどちらがいいだろうか。今では私はタイの方を気に入っている。

singha_beer.jpg

そんな私でもウボンにいると時には一人になりたくて、夜一人でバーに行って酒を飲むこともある。

そんな時でも空になったグラスにビールを注ぎ足しながら、キレイなウエイトレスの子が話し掛けてきた。「マーコンディアオラカ?(一人なの?)」。

「…」

どうやらここでも一人にはさせてくれないようだ。

こうなるともう観念して彼らとプライバシー皆無の濃密な付き合いをするしか選択の余地はなさそうです。
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンのレストラン | CM(5) | TB(0) | ▲ top
ウボンのタラート
2007/04/15(Sun)
ウボンのタラート


タイにはタラートと呼ばれる市場があります。

通り沿いの小売りの商店やビッグCといったスーパーマーケットで買い物をする人も多くいますが、ウボンでは昔ながらの市場で買い物をする人の方がまだ多数派のような気がします。

これは市場が歩いて行ける範囲にあるということもありますし、何と言っても安くて新鮮であるということが一番の理由だと思います。

野菜類はその日の朝にもいできたばかり。魚はまだ桶の中でピクピク泳ぎ回っている。鶏や牛・豚肉などもきっとその日に殺してさばいたばかりでしょう。

これほど新鮮な食材であれば、もう何を作ってもウマイでしょうね。

奥に見えるのがムーン川です
P2190752.jpg

こうした市場でのタイ人の買い物の仕方を見ていると、その日に必要な分だけ買っていることがわかります。

冷蔵庫で保存などしないようです。暑い国なので痛みが早いということもありますし、だいいち日が経ったものはおいしくありません。

毎日タラートに行って、その日に取れたばかりの食材を一日分だけ買って来るようです(“ジャーイタラート”で市場に買い物に行くの意)。実に合理的でグルメな人たちです。

そんな訳だからタイ人のご家庭の冷蔵庫はいつも空っぽです。水とジュース・ビール位しか入っていません。我が家の冷蔵庫もそうです。

ネーム(ソーセージ)はいかが?
PC270480.jpg

間違っても食べ残したものを冷蔵庫に入れて翌日チンして食べる、などというマズくてセコいことはしない。

余った食べ物は豪快に全部捨てます。庶民でさえこうなのですから贅沢な暮らしです。

またお惣菜も売られています。小さなビニール袋に空気をパンパンに膨らませて、グリーンカレーなど様々な食材を一食分入れて売っています。

値段はどれも10Bほど。1食わずか30円ほどで済んでしまいます。近くのレストランで食べればその倍はかかるといっても、たったの20B(60円)です。

タイ人にとってもこの値段は激安です。彼らは何と豊かで贅沢な暮らしをしているのでしょう。

タムブン(喜捨)する人も多くいます
P2190751.jpg

タイは未だ発展途上国といっても、それはGDPや平均賃金、貯蓄額といった貨幣価値に円やドル建てで換算した場合の話し。

貨幣経済とは離れたところで農作物は熱帯雨林の好天候の下でいくらでも収穫でき、大メコン川で取れる魚は尽きることが無く、家畜も豊富にいます。

ここでは食うのに困っている人などいませんし、熱帯なので路上に寝ても凍え死ぬこともありません。つまり金が無くともタラフク食べて生きていかれる社会です。

こう考えると最近日本で問題になっているネットカフェで寝泊りをしているフリーターや派遣社員といった格差社会の底辺にいる“新ホームレス”の人たちよりもウボン人の方がずっと豊かな生活をしているように思います。

採れたての新鮮な野菜です
PC270481.jpg

バンコクや他のタイの都市にあるタラート(市場)は、屋根付きのアーケードの中で営業する常設のマーケットです。

しかしここウボンでは写真にあるような伝統的なタラートがまだ多く残っています。ここは私の家のすぐ近所のタラートです。

時間になるとどこからともなく商人がやって来て、路上に店を構えます。木の台の上にゴザを敷き、その上にドカッと商品を並べて自分もアグラをかいて座って売ります。

面白いのはその営業時間。市は早朝と夕方しか開かれません。昼間と夜はただの通りになっていて、この通りが朝と夕に市場になるとは想像もできません。

市場というより「いちば」という感じです。三重県の四日市は、室町時代に四が付く日(4日、14日、24日)に市が開かれたのが由来だそうですが、ウボンのタラートもそんな感じの市場です。

信長の楽市楽座もかつてはこんな感じだったのではないでしょうか。こうした昔ながらのタラートは、すぐお隣のラオスにはまだ多いですが、タイでは段々と少なくなってきました。

お母さんのお手伝いです
PC270479.jpg

買い物をするともうこぼれんばかりの笑顔で接客してくれる店があります。たかが30円ほどの買い物でこんなにもニコニコ笑顔で接してもらうとこちらが恐縮してしまうほどです。

彼らは決して営業スマイルをしている訳ではないと思います。根っからの素の状態がそうさせるのでしょう。本当に無邪気で幸せな人たちです。

ウボンの面白いところの一つに、店で買い物をしたりレストランで食事をしたりすると店の人から「あなた見かけないけどどこの人?」と聞かれることがよくあります。

そんな時私はニヤッと笑って「ターンジャンワットカップ(別の県です)」と答えます。心の中では「やった、タイ人に見られた」と思っています。

相手はふ~んと不思議そうに私の顔を眺めたり、「どこの県よ!」などと更に突っ込んできたりもします。バンコクや他の都市ではこういうことはまずありません。
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
ウボンの日本食レストラン「お金」
2007/04/11(Wed)
日本食レストラン「お金」


ウボンにある日本人がほとんど来ない日本食レストランのリポートの続編です。

続きといっても私の知る限りもうウボンには日本食レストランは他に無いので、これが最終回です。

店の名前は「お金」。「…」。それにしても随分ふざけた名前を付けてくれたもんだ。だいたいタイ料理「ンガン」、アメリカンフード「Money」、中華料理「銭」などという名前のレストランがあるか普通?

「お金」の店内

P2180739.jpg

改めてタイ人のネーミング能力の無さを知った。超テキトーに勝手に付けているとしか思えん。いいのか?こんなんで。店主は相当なアホだろう。

場所はチャヤーングン通りを北に進んで、テスコロータスを過ぎてしばらく行った右側にあります。大通りに面しているので車で行くのにも便利ですし、店の前の通りはソンテウの走るルートにもなっています。

入口には「いらつしやしませ」(←表記に注意)の看板。店構えからして、かなりウサン臭い。店内に入ると、これはもう悲しいほどに安っぽいインチキ日本趣味のオンパレードでうれしくなってしまう。

アヤシイ日本趣味の店内
P2180737.jpg

浮世絵や提灯、和風キーホルダーなどショボい日本みやげを店内に飾って、苦しまぎれに日本らしさを出そうとしている。それにしても頼むから紙パックの日本酒「鬼ころし」や「月桂冠」の空き箱を飾るのはやめてくれ。

バンコクなどでは「Fuji」や「ZEN」など“ある程度”まともな和食レストランチェーンが展開している。ところがここウボンでは、インチキ系日本食レストランがまだ健在であった。

日本人客など間違っても来ないので、タイの日本料理屋にありがちな数年前の少年ジャンプや週刊文春などここには置いてない。あるのはタイ語の漫画やゴシップ雑誌などだけである。

メニュー(巻き物)
P2180738.jpg

メニューは寿司・そば・丼物といった定番ものから、ラーメンや揚げ物フライ、焼肉やカレーまである。ラーメンやカレーのどこが日本料理なんだ。

私はにぎり寿司の盛り合わせセット(220B)を注文した。カニかまやスモークサーモンのにぎりが出てくるところなど、これは相当にインチキ臭い。

お~っと、にぎり寿司に付いてきたのは何とキムチではありませんか(写真左下)。

にぎり寿司の盛り合わせセット
P2180740.jpg

キムチが日本料理だとは知りませんでした。これはもうタイ人が見よう見まねでデタラメの日本料理を作っているのがバレバレです。

しかし私はこうした海外にあるインチキ日本料理屋が嫌いではない。以前アメリカでアロハシャツに麦わら帽子をかぶったメキシコ人の店員から「いらっチャイマチェッ」と迎えられた時には噴き出しそうになったことがある。

この「お金」の店員も何とか沢山のお客さんに来てもらい、日本的情緒の店でおいしい和食を食べてもらおうと日夜涙ぐましい努力をしているのかもしれない。

その努力に敬意を表し、微笑ましく見守ってあげるのが日本人としての責務だと思う。

「お金」の店員
P2180742.jpg

にぎり一人前220B(660円)は日本人にしたら大した値段ではないが、ここウボンでは相当高価な昼食だ。

私は普段ウボン人と行くお昼ごはんは、カオパットだのガパオムーだのといった定番タイ料理はどこも20Bだ。

ウボンでは日本料理は依然として高価であり、ウボン人はめったに来れない。店の方もこの価格設定で経営を維持していくのは大変だと思う。

P2180741.jpg

私の他にもう一組ウボン人の家族連れが店内の座敷にいた。きっと彼らにとってこの日は何か特別なハレの日なのだろう。おいしそうにタイ人が日本食を食べてくれる姿を見ると、日本人として嬉しく思う。

ウボンにある日本食レストランを味と値段で比較すれば、以前このブログで紹介した「ハナダ」の方に私は軍配を上げます。

しかしメニューの多さでは「お金」の方がバラエティに富み、インチキ日本趣味で笑わせてもくれるレストランです。

番外編「アリガト」
P2180734.jpg

実はもう一軒ウボンには日本食レストランがありました。店名は「アリガト」。

この店の最大の謎はそのロケーションです。テスコロータス横の路地を入り、更にしばらく進んで左手に曲がった所にあります(Soi Chayangkul 12.1)。

テスコロータスの裏と言うよりかなり奥深くといった所にあります。間違ってもロータスに買物に来た日本人や日本食通のタイ人が偶然見つけて入るような場所ではありません。

辺りはムーバーン(村)といった感じのタイ風民家が密集する住宅街の中にあります。一体全体なんでこんな所に日本食レストランがあるのだ?

この店もロケーションといい外観といい相当にウサン臭い。

「アリガト」
P2180735.jpg


日本語表記は一切無し。真っ赤な提灯をぶら下げるところなど、中華料理屋と日本食レストランを思いっきり混同している。いいですね~このインチキぶり。

この日は休みだったのかそれともツブれたのか店に入ることはできなかった。きっとこの店も超アヤシイ日本料理を食べさせてくれることだろう。

そもそも日本料理が世界中に広まるためには、インチキ日本料理をも吸収して発展させるという大きな度量が必要だと思う。カルフォルニア巻きなどインチキ寿司の典型だが、すでに認知されて和食としての市民権を得ている。

農林水産省が計画している「海外日本食レストラン推奨制度」などやめた方がいい。アメリカのマスコミにも「スシポリス来たる!」などと痛烈に皮肉られている。

そんな訳でウボンの日本食レストランには今後も是非がんばってもらいたい。

またタイの女の子にも和食はとても人気があるので、よっぽど嫌われていない限り日本食レストランに誘えば喜んで来てくれます。
この記事のURL | ウボンのレストラン | CM(5) | TB(0) | ▲ top
Swing Party House
2007/04/06(Fri)
Swing Party House


バンコクで発行される日本語情報誌やフリーペーパーの数は、10誌ほどもあるそうである。英語情報誌となるともっとあるだろう。チェンマイやプーケットなどの観光地も大体似たような状況らしい。

ところがここウボンではそんな日本語や英語の現地情報誌などひとつも無い。きっとこれからも発行されないだろう。日本人や欧米人の観光客などほとんど来ないのだから当然だ。

ところがウボンにやって来るタイ人観光客や地元民向けに出版されている「ウボンラチャタニガイド」というタイ語の現地情報誌はある。言ってみればウボンウォーカーといった感じの雑誌だ。

ウボンラチャタニガイド
cover11.jpg

当ブログのタネ明かしをすれば、この情報誌に掲載された店に管理人が出かけて行って店の印象や感じたことを書く、というパターンが結構多い。

どれもローカル色の強い店やスポットばかりが紹介されていて、タイ人の趣向がよくわかるので面白い。ウボンにあるオシャレ系の店はほぼ網羅されているが、先頃閉店した池袋のラーメン屋「大勝軒」のような穴場的店はあまり無い。

これは多分そうした店からは広告代が取れないからであろう。先日紹介したナムサイジャイジンも1ページを使って「パナガーントーンラップサオスワイ(カワイイ女の子の従業員がお迎えします)」などと盛んに宣伝している。

因みに私は大勝軒に容器を持って行って家で食べるという裏ワザを使っていたが、もうこれも使えないのが残念である。

このSwing Party Houseもウボンガイドで紹介されていたそうした店の一つ。Chayangkul通りの目立つ所にあります。入るとかなり高級感が溢れる店内です。

Swing Party Houseのカウンター
P2140687.jpg

右手に生バンドの舞台があり、奥にカウンターが続きます。さながらバンコクにある高級ホテルのカクテルラウンジといった感じです。

でもここウボンには似つかわしくないようにも思う。この店のコンセプトを一言で言えば「西洋かぶれバー」といった感じだ。生バンドは80~90年代のアメリカンポップスを歌い続け、壁掛けプラズマテレビからはハリウッド映画を流し続ける。

ありていに言えばバンコクのカオサン通りにあるファランバーと何ら変わりない。客層はこうした洋風志向で酒を飲みたい懐に余裕のあるウボンの若年層が多い。50~60歳代のファランジジイも年老いたタイ人妻と一緒に来ている。

おそらく彼らはアメリカ人ではないだろうか。ベトナム戦争中、ウボンには米軍基地があった。そこに勤務していたアメリカ兵が除隊後もウボン人の奥さんをもらってウボンに住み着いているのではないかと私は推測している。

ウボンでは日本人の妻タイ者を見たことがないが、ファランの妻タイ者は結構見かける。プーケットなどではなくウボンを選ぶとはなかなか眼の付け所がいい。一度彼らとウボン談義をしてみたいところだ。

生演奏
P2150690.jpg

しかしこの種のファランバーは、私はあまり好きではない。タイ人は日本人以上に欧米かぶれで毛唐ファランとその文化を崇拝する傾向が見受けられる。

そうしたバーで飲んでいると私は「お前らタイ人ならルークトゥンを歌え!モーラムを踊れ!」などと一人ガンコ親父のように逆ギレして怒鳴りつけたくなってくる。

でもこうしたことは日本人にも言えるのではないでしょうか。「英語がペラペラ喋れてアメリカの事情に通じていることが国際人の条件だ」などと考える奴は、必ずしも駅前留学NOVAの英語教室に通っている連中だけではあるまい。

アジア人が欧米人の猿マネをすることほど滑稽なことはない。金髪の白人がちょんまげを結うようなものだ。ウボンに魅せられた日本人としては、タイ人にはタイ人らしくあってもらいたいと思う。

P2150689.jpg

まだウボンのタイ人はバンコクなどに比べてタイ人らしさを失ってはいない。この店の従業員もカオサン通りのファランバーで働くタイ人ほどスレていないのがせめてもの救いだ。

カウンターで1本120Bほどのシンハービールを飲んでいると、マネージャーらしき中年女性が仰々しく合掌して挨拶をしてきた。この店には女性のウェイトレスはいるが、私の研究しているチアビアがいないのが何とも残念だ。眼の保養にもならない。

よっぽどアメリカンポップスを聞きながら洋酒やカクテルを飲むのが好きな人でなければ、この店はあまり面白くないかもしれない。

私などはもっと場末系のバーやクラブなどで飲むことによってウボンにいる実感やウボン人との一体感を味わいたいと思っています。

追伸:最近アクセスが妙に増えたので追跡調査をすると、ミクシィから来られる方が多いことが判りました。さすがにウボンに限定したコミュニティーはありませんでしが、それでもイサーン好きの方が集まるコミュニティーで活発な意見交換が行われているのを知りました。
この記事のURL | ウボンのレストラン | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。