スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
お気に入りタイ料理
2008/10/05(Sun)
パッキーマオー(酔っ払い炒め)
P8010908

パッキーマオー(酔っ払い炒め)が気に入っている。この料理の面白いところは、同じ店で注文をしても、その日によって入っている具が微妙に異なる点だ。肉は豚肉だったり、鶏肉だったりする。

野菜はいつも異なる種類のものが入っている。写真にある食材の他に、ピンポン玉大の丸ナスやカリフラワーが入っていることもある。この料理はもともと酔っ払いが、酒の肴にあり合わせの食材で作った炒め物と言われている。

つまり絶対にこれを入れなければならない、という厳格なレシピがある訳ではないようだ。柔軟で融通が利くいかにもタイらしい料理だ。これを「店の余り物を使ってテキトーに作っている」と言えばみもふたもない。

しかし「その時々に市場で安く手に入る旬の食材を豊富に使った料理」とも言えるのではないだろうか。言わば日替わりのお任せ炒めと言った感じだ。毎日注文しても飽きの来ない一品。

ポイントとなる食材は、刻んだバイマグルー(こぶみかんの葉)。口の中で強烈な森の香りを放つハーブだ。嫌いな人は受け付けないが、いかにもタイ料理らしい香草の香りがたまらない。やみつきになること間違いない。

パップリックムータイダム(豚肉とニンニクの生胡椒炒め)
P2200754

パップリックムータイダム(豚肉とニンニクの生胡椒炒め)もお気に入りの一品。いつも注文しては食べている。この料理の特徴は、その名の通り生のつぶ胡椒だ。

コショウと聞けば、日本人は粉末の調味料しか頭に浮かばない。しかしタイ人は、枝に付いた生の胡椒の実を食べるのである。全く奇想天外な発想だ。生胡椒の実は、イクラよりやや小さい程度。

そして口の中でプチッと砕けた瞬間、強烈な胡椒の風味と辛さが口一杯に広がる。この料理も一度食べたら忘れられない強烈な個性を持ったタイ料理だ。

パッキーマオー同様に唐辛子がテンコ盛りで、この料理も辛さで食後は汗びっしょりになる。

パップリットゥナータイダム(シーチキンのニンニク胡椒炒め)
P7040064

タイ人は、シーチキンを炒め物にも使ってしまう。そしてこれが結構ウマい。別にサンドイッチとしてパンにはさむだけが能ではないのである。

このシーチキンが、こがしニンニクと荒挽きコショウ・唐辛子と一緒に炒めることによって絶妙な味をかもし出す。シーチキンは、豚肉や牛肉に比べて非常にあっさりとして、肉脂のしつこさが無い。

なぜかこの料理は豚肉や牛肉を使った料理より5バーツほど高い。きっとツナの缶詰を開けるからであろう。魚肉の方が豚や牛より高くなるというのが面白い。

カーオパットキヤオワーン(グリーンカレー炒飯)
P7020037

グリーンカレーの炒飯なるものが存在することを知らなかった。もっとも日本にもカレーライスとカレー炒飯があるくらいだから、グリーンカレーの炒飯があってもおかしくはない。

タイのグリーンカレーは、カレールーと言うよりもカレースープのようで液状に近い。ご飯にかけるよりも、スープとして飲んだ方が美味いような気がする。

その点この炒飯は、普通のグリーンカレーに比べてグリーンカレー独特のハーブとココナッツの風味が、ご飯にしっかりと染み込んでいる。きっとグリーンカレーペーストを濃厚に使っているのだろう。

私は一度食べてすぐにファンになってしまった。しかしなぜかレッドカレーの炒飯には、まだお目にかかったことは無い。単なる偶然か、元々存在しないのか今もって謎だ。

簡易食堂によくあるメニュー看板
P1120559

ウボンとバンコクでは、同じ料理を注文しても辛さがかなり異なるので注意が必要だ。ウボンのタイ料理は、バンコクに比べてこれはもう相当に辛い。

バンコクでは注文の際に「アオペッマイカ(辛くしますか)」と聞かれることがあるが、ウボンではまず絶対に聞かれない。辛いものがニガテな人は、ウボンでは一言断りを入れた方が無難だろう。

「辛さ控えめ」などと言う気取った食文化は、ウボンには存在しないのだ。黙っていると、口から火を吹くほどの激辛料理が出てきてしまう。言うなれば、ウボンでは毎日が「激辛選手権大会」。

でもやはりタイ料理はこれでなくっちゃいけない。辛党の私は、そんな昔ながらのタイらしさを色濃く残すウボンのタイ料理が大好きである。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
タイ・ブログランキング
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンのレストラン | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。