スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
エアアジア、ウボン-プーケット線が就航
2010/09/09(Thu)
エアアジア、ウボン-プーケット線が就航
LT_Air Asia_15

2010年9月2日、ウボン市内にあるスニーグランドホテルにおいて、エアアジアのプーケット-ウボンラチャタニ路線就航を発表する記者会見が行われた。

ウボン県知事代理としてウィチット・チャートパイシット氏、エアアジアからはタイ・エアアジアのタッサポン・ビーレベルドCEOが出席した。

タッサポン氏によると、現在エアアジアはタイ国内における空のネットワーク拡充に取り組んでおり、この新路線はタイの人々と観光客に一層の利便性をもたらすと確信している。

加えて、外国人観光客が年々増えるプーケットを地域的なハブ空港にするべく、プーケット路線の潜在的な能力の向上に鋭意取り組んでいるところであると述べた。

ん?一番左の女は機内で見たぞ
LT_Air Asia_06

ウボン-プーケット線は、2010年10月12日より週3便(火木土)運行し、一人片道690B(2,070円)の特別料金が設定された。

さらにタッサポン氏は、ウボン県および周辺国のラオス・カンボジアには美しい自然の観光地があり、古代クメール遺跡も多いと指摘。

プーケットからこの地を訪れる人の数が年々増加することを見込んで、外国人観光客を主なターゲットにしていると語った。

今回のウボン-プーケット路線の開通に伴い、ウボンを訪問する観光客が増えることが予想されている。

これにより地元のホテル・レストランをはじめとする観光産業が栄え、人々の収入も増えることが期待されている。

10:10Phuket発 12:05Ubon着 12:35Ubon発 14:20Phuket着×火木土
LT_Air Asia_04

(以上、現地の報道を管理人が抄訳して引用)

(管理人のコメント)

ついにウボンとプーケットがわずか2時間弱で結ばれた。タイ東北部やラオス・カンボジアを観光してからプーケットでリゾートを楽しむのもよし、逆でもよい。タイの観光が一層便利で魅力的になったことを喜びたい。

格安航空会社のエアアジアは、安かろう悪かろうと思っていた。しかしウボン→バンコク線に搭乗して、私は認識を改めた。地上職員は笑顔でチェックイン手続きをしてくれた。日本のパスポートを差し出すと、「オハヨウゴザイマス」と言ってくれた。

客室乗務員も、ワイ(合掌)で迎えてくれる。無愛想な職員からぶっきらぼうな対応をされるものと予想してたが、とんだ杞憂だった。しかしこれはウボン空港に限った話かもしれない。なにせ1日に2便しか無いのである。客を2回送り出せば、その日の仕事はおしまい。

サバーイ、サバーイ(楽チン)である。これがバンコクとなるとそうはいかない。人的無駄は徹底的に省かれ、個人の担当業務は眼一杯にまで詰め込まれる。こうなるともはや日本だ。私は最近、バンコクのタイ人から笑顔が消えているのを危惧している。

エアアジアが安いと言っても、1~2ヶ月前にネットで買わなければ安くはない。私は1,400B(4,200円)ほどで買ったが、直前には2,000B(6,000円)になっていた。また荷物預けや座席指定、保険加入などの設定を解除しないと別途徴収されるので注意が必要だ。

こういうセコイことをするのが格安航空会社たる所以か。エアアジアのシンボルカラーは赤。この会社はタクシンにも近く、赤シャツ(UDD)とダブって見えてしまう。逆に黄色シャツ(PAD)に近いタイ国際航空傘下のノックエアーのシンボルカラーは黄色。

つまりタイの格安航空業界における赤シャツVS黄色シャツの「空中戦」が展開されているのである(旅行作家下川裕治氏の指摘)。単なる偶然なのか確信犯なのかは不明だが、面白い現象ですね。

プーケットの観光客をウボンやカンボジアに引き込みたい戦略はわかるが、タイとカンボジアの関係は今それどころじゃないんじゃないの?カオプラウィハーン遺跡を巡る国境紛争は、再びドンパチに発展する緊張状態が今後も続く様相を呈している。

タクシンがカンボジア政府の経済顧問になったり、お忍びでカンボジアを訪問したりしているのは、タイとの国境地帯における観光資源やカジノ利権があるからと言われている。そこへもってきて今回のエアアジア就航。何やら彼のしたたかな計算を感じずにはいられない。

ウボンに外国人観光客が訪れて人々の暮らしが良くなれば、それに越したことは無い。しかしプーケットやパタヤのタイ人のように、外人ズレした擦れ枯らしにはなってもらいたくない。

外国人観光客が増えて経済が発展しても、これまで通りのんびりした時間が流れる悠然とした微笑みのあるウボンであり続けてほしいと思います。

私たちがウボンで待ってま~す(2010ミスウボンラチャタニろうそく祭りの候補者達)
ThuJuly201012419_misscandle53-01

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンのニュース | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。