スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ウボンに36歳の女性市長が誕生
2013/04/21(Sun)
ウボンの新市長に選ばれたソムプラータナー氏
2013 ubon election1

先月ウボン市長選挙が行われ、市長を2期務めた現職のロッジャナー市長が落選するという波乱がありました。

新市長に当選したのは、新人のソムプラータナー・ウィックライジュートジャルーン氏。

ウボンに弱冠36歳の女性市長が誕生しました。

ラジャパット大学ウボン校コンピューター学科卒の才女。

カワサキのバイクやスクーターを販売する会社を経営している女社長でもあります。

現職に大差をつけて圧勝
Ubon_Electict_2013

選挙結果
全ウボン市民:82,693人
選挙権保持者:56,848人
投票権行使者:38,613人(投票率68%)
ソムプラータナー候補:20,560票
ロッジャナー候補  :15,776票

以前のブログに書きましたが、前市長のロッジャナーは、ずぶずぶのタクシン派です。

今回のウボン市長選挙は、反タクシン派の連合勢力が結集してソムプラータナー候補を推したことが背景にあります。

タクシン派の牙城とされるタイの東北地方で、現職のタクシン系市長が5,000票近い大差で敗れたのです。

タクシン及び妹のインラックの影響力低下は避けられないでしょう。

当選したソムプラータナー新市長
486144_551627141544489_795335703_n

市長就任後、直ちに取り掛かりたい政策として、ごみ処理場の選定、荒廃した公園の復活、伐採された道路沿いの木々の再植林、児童のための学校送迎バスの無料化を挙げています。

2代続けて女性の市長が誕生するとは、ウボンの女性が優秀だから?ウボンで女性の社会進出が盛んだから?

いやいや、実はウボンの男がダラシナイのが一番の原因だったりして…

激戦のウボン市長選挙ドキュメンタリー


今後ウボンの市政に注目が集まります。

ではまた!(ブログの更新を長くサボってゴメンなさい)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンのニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。