タイ大使館
2006/10/02(Mon)
20061011102713.jpg


目黒のタイ大使館にビザの申請に行く。前回は申請に必要な書類の送付をタイ人スタッフがスッポカしたので取得できなかった。

タイ王国大使館は、一人の警官も警備についておらず、警備会社の人間が一人座っているだけ。以前、虎ノ門のアメリカ大使館にビザ申請に行った時はすごかった。大使館に着く数十メートル先からポリがうようよいる。「何?ビザ申請?申請書類せて」などと聞かれる。中に入る時など飛行場のセキュリティーチェック同様の手続きがいる。

概して東京の各国大使館に勤める日本人スタッフは、虎の衣を借る狐そのままの横柄な奴が多い。単なる現地雇いの分際でひんしゅくを買っている。サウジアラビア大使館の奴に辟易させられたことがある。その点、タイ大使館はまともな方だ。ビザの申請についてF氏から丁寧な説明を受けた。

タイ大使館は一歩踏み込むと、独特の世界を醸し出している。領事部は何とプレハブ小屋(写真)。ここに来ている奴が凄い。おなじみの水商売系タイ人オネエチャンにチーママ。その手の女と結婚した日本人男性。やはり草の根レベルの日タイ交流はまだこの程度なのか。私もその一員?

ビザを取得してタイに90日以上滞在する場合には、現地の入管で滞在証明をする必要がある。領事部のタイ人スタッフに「滞在証明はタイ語で何と言いますか」と尋ねると彼女の顔がにわかに曇って苦笑するように言う。「ワカラナイネ」。さすがタイ大使館。滞在証明という日本語も通じなかった。タイ人は東京でもやってくれる。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日本にて | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ビーマンバングラデシュ航空 | メイン | スワンナプーム空港開港>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/10-11f87bb6

| メイン |