夕暮れのトゥンシームアン
2009/09/30(Wed)
夕暮れのトゥンシームアン
PC190131

ウボン市民の憩いの場-トゥンシームアン公園。平日の夕方ここを通りかかると、そこは一大総合スポーツ運動場と化していた。熱帯のタイでは極めて異例なことだが、ここではジョギングをしているタイ人を多く見かける。

そもそもタイ人は歩いたり走ったりすることを極端に嫌う。わずか数十メートルのソイ(路地)でもバイクタクシーを使うほどだ。そのタイ人が大粒の汗を流してマラソンをしているのを見て私は驚きを禁じ得なかった。

タイで炎天下の真っ昼間にジョギングをすれば、それは自殺行為に等しい。そこで夕陽が傾きかけた5時頃が丁度良い時間帯となる。皆さん公園の周りを熱心に走っていた。

エアロビクスに励むウボンのオバちゃんたち
PC190130

公園の一角では、趣味嗜好に応じてウボン人たちは様々なスポーツに励んでいる。順を追って見ていきましょう。まずはエアロビクス。

日本では下火になった感があるが、タイでは公園などでやっているのをよく見かける。日本のラジオ体操の感覚ですな。よく見ると、平均年齢がやけに高い。

日本では若い女が中心だが、タイでは40~50代のオバちゃんが多い。太鼓腹を揺らしながらメタボ対策に励んでいる。中年女性には興味が無いのでさっさと移動。

セパタクロー
PC190132

若い兄ちゃんたちが、セパタクローをやっていた。これは籐製のボールを相手のコートに蹴り込むサッカー+バレーボールのような競技。日本では無名だが、東南アジアではかなりメジャーなスポーツ。

タイとマレイシアが強豪国として知られている。その鍛えられた体と身のこなし、練習の真剣さを見ると、彼らはチームに所属する選手なのかもしれない。

私も以前やったことがあるが、サッカーより断然難しかった。ボールがあさっての方向に飛んでしまうのである。街の公園で練習風景が見られるとは、いかにもタイらしい。

太極拳
PC190127

このグループは中国の太極拳をやっていた。皆さんウボン人にしてはやけに肌が白い。きっと中国系タイ人に違いない。こんなタイの辺境の地にもタイ華僑は多く住んでいる。

クアンタニ通りには金行が軒をつらね、経営者はウボンのタイ華僑。ここはさながらウボンのミニチャイナタウンといった感じだ。道教寺院や同郷者の商工会館もある。

タイの他の都市と同様に、ウボンでも経済の実権は中国系タイ人が掌握し、独自の思想と文化を継承しているのかもしれない。

なんじゃこの集団は?
PC190125

公園の一角にアヤしい奇妙な集団を発見。じっとしたまま全く動かない。一言も声を発しない。腹でも痛いのか?おーい!もしもーし!

一見するとヨガか気功をやっているようにも見える。もしかしてオ×ム真理教さん?或いは中国の教団「法輪功」の一味かもしれない。

何かアブなそうだ。ヤバい集団かもしれないから、早くここを立ち去った方がいい。ハイッ、次行ってみよう。

ウボンの青空フィットネスクラブ
PC190128

ここでは屈強な男たちがバーベルやダンベルを持ち上げて、筋力トレーニングに励んでいた。彼らが使っている道具をよく見て下さい。

何と木材や鉄パイプ、コンクリートを使って、自分達で作ったフィットネスマシンではありませんか。こんな面倒なことをする位なら、買った方が早いと思うのは先進国の発想。

タイでは人を使って手作りをした方が安上がりなのだろう。何て器用な人達だ。公園にある青空フィットネスクラブという発想も面白い。金のかからない庶民のエクササイズだ。

今晩のおかずは何ですか
PC170103

夕暮れのトゥンシームアン公園でスポーツに汗を流すウボン人を見てきた。経済が発展するにつれて、人々は健康に気を使うようになる。理由は簡単。いくら大金を積んでも、「健康」や「若さ」は、決して金では買えないからだ。

「健康を失って初めて健康のありがたみがわかる」

管理人はその昔、しばらく病院に入院していた時期がある。毎日病院の天井を見続ける悶々とした日々が続いた。健康で五体満足でありさえすれば、地位、名誉、財産、キレイなおネエちゃんも全て要らないと思ったほどだ。

幸福へと続く道
PC210141

大怪我や大病をした人でなければ、このような思いになることはないだろう。人間が大きく成長するためには、三つのことが必要だと言われる。すなわち入院、浪人、入獄である。

どれも自分自身と人生について深く考えさせられる膨大な時間に囲まれる。管理人は入獄以外は経験済みだ。ちなみに地球の歩き方にも載っているウボンの高級ホテル「トーサンホテル」の隣は刑務所である。

幸いにも健康を取り戻した現在、私は体に対して異常に気を使っている。タイ男のように酒、女、ギャンブルに全力投球する日々を送ればさぞかし楽しい毎日だろう。しかしそれではいたずらに自分の命を縮めてしまう。

この世に生きる喜び・幸せを噛みしめることができるのも健康であればこそだ。どうか健康に留意され、お体を大切に…

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<アヒル麺の店「エーチアポーチャナー」 | メイン | ウボンのろうそく祭り2009>>
コメント
-  -
私も 入獄以外は いろいろ経験済み 

でも まだ 大きく成長できない

今月こそ 採血に行かないと・・ 
   
2009/10/14 00:25  | URL | sws #-[ 編集]
-  -
タイ政府の推し進めるメディカル・ツーリズム(医療観光)。

タイで人間ドックなんてのはいかが?

http://www.bangkokhospital.com/jp/

http://www.bumrungrad.com/thailand-hospital-jp/
2009/10/14 20:51  | URL | #-[ 編集]
-  -
「幸福へと続く道」

 わかります

私の「天国へ続く道」は未舗装で 

雛が遊び

夕刻暗くなると 牛がカランカランと帰ってきます

あ~懐かしい 木漏れ日の道

あの村で休養すれば 病気も治る
2009/10/29 21:10  | URL | sws #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/102-e7b4c57f

| メイン |