ウボンでデブ専のミスコンが開かれる
2011/04/23(Sat)
ウボンでデブ専のミスコンが開かれる
SatApril201165428_news2076-1

2011年4月12日、ウボンラチャタニ県ワーリンチャムラープ郡セーンスック村役場は、今年のソンクラーン祭りを村内にある学校の多目的広場を利用して開催した。

プログラムの内容は、以下の項目より構成されていた。

①仏陀および高齢者への水かけ儀式 ②霊魂への吉祥飯奉納 ③高齢者の顕彰 ④ミスソンクラーンコンテスト ⑤ミスデブ専コンテスト ⑥OTOP(一村一品)名産品の販売および伝統工芸の展示

中でも「ミスデブ専コンテスト」は注目を集め、今回のプログラムの中で最も多い来場者数を記録した。

出場資格は、体重80キロ以上、年齢40歳以下の女性。セーンスック村の各集落から、10名の女性が参加した。

女性たちは自己紹介と好きな食べ物について話した後、各自が持つ特技を披露して審査委員の心をつかもうと努力した。

特技の中には、Wonder Girls(韓流女性スター)の「Shape Bah」を歌ったり、ラムシン(モーラムの一種)、女ゾンビ、フラフープを演じたりしたものがあった。

観客や応援団は彼女たちに大きな声援を送り、優勝者には景品の授与が行われ大盛況の内に幕を閉じた。

(以上、現地の報道を管理人が抄訳して引用)

(管理人のコメント)

いやはや、ちょっとやそっとの事では驚かない管理人も、これには本当に驚いた。タイ人が異常にミスコンが大好きなのは、これまで当欄で繰り返し述べてきた通りだ。

またタイには、オカマのミスコンがあるのも知っている人は多いだろう。そして挙句の果てには、おデブちゃんのミスコンまであるのだから開いた口が塞がらない。

「ミスデブ専コンテスト」は管理人の超意訳であり、タイ語では「プラグアット・ティダー・トゥイヌイ(太った女性のコンテスト)」と記事で言っています。

そういえば大昔、毒舌で売り出し中のビートたけし(北野武)が、テレビで「勝ち抜きブス合戦」というのをやっていた。今の放送倫理では決して放映できない内容だった。

それがタイでは、今現在でもやっているのである。出る方も出る方だが、やる方もやる方である。

しかもこのイベントの企画・主催は村役場というのだから、タイの地方公務員の笑いのセンスに脱帽するしかない。優勝者には「おめでとう」と声をかけるのだろうか。

確かに世の男性の中には「デブ専」と言って、太った女が好みの男が少数ながら存在する。だからデブ女だからといって、何も卑屈になることはない。短所と長所は表裏一体。堂々としていればいい。

太った女にまでその存在価値を認め、ミスコンテストに出場させてくれる度量が広~いタイ王国。

タイ人の懐の深さや、文化的許容度が広く柔軟でゆるやかなタイの風土を改めて実感させられた、今回の「ミスデブ専コンテスト」であった。

(管理人からのお願い)
以下の動画には、一部に不快な印象を与える恐れのある映像が含まれています。ご注意の上、個人の責任において視聴をお願いします。

ミスデブ専コンテスト

http://77.nationchannel.com/playvideo.php?id=145714

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンのニュース | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<ウボンのホテル、7月の宿泊率は100% | メイン | ウボンで原発建設反対運動が激化>>
コメント
-  -
ウボンには、会社の出張所もあって、エンドユーザーの皆さんもたくさんおります。
それで、一度、行って見たかったので休暇を利用して訪ねました。リタイヤしたら住んでみるには良さそうな町の感じがしましたが、日本人の方はどれぐらい住んでおられるのでしょうか。興味を持ちました。
2011/05/17 22:33  | URL | ぐりぐりももんが #NhtfC5XQ[ 編集]
-  -
管理人様、皆様、こんにちは。

ミスデブ専コンテストは、圧巻ですね。
私の妻も、結婚当初はスマートだったのですが、今は少し(大分)太っています。
子育てで、子供の食事の残りも勿体ないからと食べてしまって・・・・・・
今は、ダイエット中と言ってはいますが。

前回、ウボンに行った時に、タイマッサージに行きました。
とても綺麗なマッサージ屋さんだったのですが、ハッキリ言って下手でした。
ハーバルボールマッサージをしてもらったのですが、
1時間350Btと記憶しています。
肘で押したり、きつく押すので、マッサージを受ける前より、筋肉痛がひどくなりました。
もう、行くこともないでしょう。
以前、ワットポー系列のマッサージ屋さんがあり行った時は、とても良かったのですが、今はないのでしょうか?
妻は、分からないと言っております。
インチャルーンパーク(以前のSK)では、エステの店が競争してましたね。
次回ウボンに行った時は、妻にせがまれそうです。
フードコートのパッタイは美味しかったです!!!
2011/05/18 19:05  | URL | ナ~ム #-[ 編集]
-  -
ぐりぐりももんが様

日本大使館の統計(2009年)では、41名(男26女15)です。大使館に届け出ていない人(含管理人)も加えれば、更に増えます。

ナ~ムさん

お奨めのマッサージは、以前に紹介したガーイジャイです。でも結局は、どこも技師によって当たり外れがありますね。

インチャルーンパークの日本ブームはどこへやら、今は韓流ブームです。フードコートからラーチャパット大学のキャンパスを眺めての食事が大好きです。
2011/05/19 21:27  | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/117-b3e11902

| メイン |