スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ウボンのカネコさん
2015/03/31(Tue)
ウボンのカネコさん


日本人でしょうか。

あるいは日本人と結婚したウボン女性が住んでいるのかもしれません。

ここは市内中心部から少し離れており、外国人を目にすることはありません。

もしここに日本人が住んでおられるとしたら、相当「現地人化」しているのではないでしょうか。

ウボンにはバンコクのような娯楽や刺激は無く、英語も通じません。

タイが好きでよく来る知人にウボンのことを話しても、すぐに退屈してとても住めないだろうと言います。

しかし地元に溶け込んで現地人化すれば、バンコクにはないウボンの魅力を感じ取ることができます。

ウボンライフを満喫してどっぷりハマることが出来るのではないでしょうか。

管理人がこのブログを通して訴えたかったことは、まさにバンコクやチェンマイには無い地方都市ウボンの知られざる魅力です。

さて、ウボンには一体何人の日本人が住んでいるのでしょうか。

タイの日本大使館に提出された「在留届」の県別内訳からある程度わかります。

2012年10月時点で、ウボンには何と47人の日本人が長期滞在しています。

男性31名、女性16名です。

男性が多いのは、ウボン女性と結婚して妻の実家にお住まいなのかもしれません。

そしてこの47名の長期滞在者の内、2名(男1、女1)が永住者です。

ウボンに「骨を埋める」覚悟を決めたお方とは、一体どんな人なのでしょうか。

機会があれば、ウボンとの出会いやウボンの魅力についてお話を伺いたいと思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
<<ウボン年末年始イベント2016 | メイン | 黒い喪章をつけたエアアジアCA>>
コメント
- 桜咲く -
お久しぶりです。
ようやく暖かくなり、過ごしやすくなってきましたね。
桜も満開。
我が家も、桜が咲きました。
娘が、ナーリーに合格しました。
娘は、日本語も教えてもらえる教室です。
総勢600名程度の合格者があったようです。
4月8日に入学手続きがあり、行かなければ入学する意思がないということで辞退扱いになるようです、
私は、7日にウボンに行きます。
入学手続きをし、ソンクラーンを楽しもうと思います。

日本の永住者もおられるんですね。
私は、ウボンではまだ日本人に会ったことはないですね。
2015/04/04 09:41  | URL | ナ~ム #-[ 編集]
-  -
ナ~ムさん、お嬢様の名門ナーリー中学合格おめでとうございます。

中学高校はナーリーで、大学は向かいのラージャパット大学進学でしょうか。エリートコースですね。

ウボンの日本人は、47人以上いると思います。
管理人も含めて、在留届を出していない人もいるからです。

実は管理人もウボンで日本人に会ったことがありません。。
2015/04/05 15:11  | URL | #-[ 編集]
-  -
こんにちは、管理人さん。
今朝、大阪に帰ってきました。
ソンクラーンを満喫してきました。
エアアジアを初めて利用しまいたが、個人的にはTGの方が好きです。
時間的にも、便利だし。
夜中に関空に到着し、何とか出発寸前のバスに乗れましたが、乗り遅れたら1時間待ち、最悪は、関空で一夜を過ごさねば・・・

ウボンに着いて初めてびっくりしたのは、空港が閉鎖?じゃなく火災で半分機能していないことに驚きました。
空港まで、一般のタクシーも乗り入れていて便利になっていました。(以前は、エアポートタクシーか義父に迎えに来てもらっていましたが)

ナーリーに入学手続きに行ってきました。
子供は、日本語専攻ということです。
教室は、はっきり言ってボロいです。
びっくりしました。
私が、小学生時代(40数年前)だった頃より古びているし、机は木で、ガタガタだし。
当たり前ですが、クーラーもなく、食堂も・・・・・・・・
小学生の間は、私学だったので甘やかされて授業も受けていたようなので、娘にとっては最初のうちは多少しんどいかもしれません。
学校までは、乗り合いバスがあるので妻にとっては楽になるようです。
水泳もあるようで、娘も喜んでいました。(泳げるようになるかな?)

ソンクラーンは、プーチョンナースマン国立公園に行ってきました。
車をレンタルして、義兄の運転で私たちは、荷台に乗って水を掛けられてました。
暑いから気持ちはいいのですが、スピードを上げて走っている時にかけられると痛いし、帰りの夕方には寒いし、そんなときに氷水を掛ける輩もいました。
氷水は、軍で禁止されてそうですが、関係ないようですね。
プーチョンナースマンは、水遊びをしているとハチの大群が来て全員必死で逃げたりと、大変でしたが面白かったです。

そう言えば、我が家のワンタボーにも日本人が以前住まれていたようです。
拓郎さんという方ですが。(今は、日本で生活されている)

また、HOP-INというホテルも出来ていました。
宿泊代が500Btらしいですが、妻曰く普通のホテルではないそうです。(ラブホテル?)

とりとめもなく書きましたが、今回感じたことの一部です。
今後も、ウボン情報をよろしくお願いいたします。
2015/04/18 21:43  | URL | ナ~ム #-[ 編集]
-  -
初めてウボンに参りました、美味しいお店を探していて、こちらのブログに当たりました。
残念ながら、初めての人間にとっては、地図すら無いので、場所がまったく分かりません。時間の無駄でした。
2015/04/20 17:55  | URL | #-[ 編集]
-  -
ナ~ムさんお久しぶりです。

徐々にではありますが、ウボンも発展しているのを実感します。

でもウボンがバンコクのような都市になってほしくはないと思っています。

昔ながらのウボンのゆっくりと流れる時間やウボン人のおだやかでのんびりとしたところは失ってほしくないと思っています。

私がウボンとご縁を持ってから10年近くの月日が流れました。

当時はなかったセントラルデパートやスターバックスも今はあります。

ハード面では確かに発展しましたが、まだまだ当時のウボンらしさは失っていないと思います。

これからも変わらぬウボンの街、ウボン人であってほしいと願っています。
2015/12/13 12:30  | URL | #-[ 編集]
- - - -
ブログが途絶えて
どーしたんだろ?と
気をもんでいましたが…
つまらない話題でも
短くしてもいいから続けてくださいな。(^O^)
2015/12/19 13:10  | URL | モコイ #-[ 編集]
-  -
すいません、ただサボっていただけです。

近々更新します。

安心して下さい、生きてますよ。。。
2015/12/22 13:01  | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/144-a4052867

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。