ウボンに戻る
2006/10/29(Sun)


ウボン行きの列車は毎日何本もある。余裕で切符は買えると思って、昼過ぎにフアランポーン駅に行くと全て満席。アチャー!大失態を演じた。インフォメーションで聞くと、モーチットのバスターミナルから長距離バスが出ていると聞いて地下鉄で行く。チャットゥチャックの先だ。

着いてビックリ。こんな巨大なバスターミナルを見たのは初めてだ。エカマイのバスターミナルよりずっと大きく、野球場ほどはある。建物も近代設備になっている。タイも発展したものだ。しかしものすごい数のタイ人旅行者は、東北系の人が多く、ほのぼのとした空気がターミナルに漂っていて心地よい。
PA290026.jpg


PA300032.jpg
バスはノンストップのVIPバスというものだった。ラオスの地方都市パクセーで、詐欺まがいのVIPバスに乗せららたことがある。この自称VIPバスは、窓ガラスや椅子のシートは破れ、お百姓さんのようなラオス人が補助席まで使ってギュウギュウ詰めの酷いバスだった。幸いウボン行きのVIPバスはまあまともの部類に入る。しかしこれで735Bは高すぎるかもしれない。ゆっくり足を伸ばして寝れる寝台列車の方が、同じ値段でずっと快適だ。夜9時過ぎにターミナルを出たバスは、翌早朝にウボンラチャタニに着いた。
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<イサン風宴会 | メイン | バンコクのチャイナタウン>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/16-bcf72758

| メイン |