タイでクーデター発生
2006/09/20(Wed)
PA040010.jpg

朝8時すぎにホテルの部屋の電話が鳴った。こんな時間に誰だろう。出るとタイ人の知人から。「ニュース聞いたか?」何かと聞くと「クーデターだ。」どひゃー。えらいことになった。「今日事務所は閉鎖する。とにかくウボンに行ってくれ。切符は運転手に届けさせるから。」と言って切れた。朝飯がてらにバンコクポスト紙を買うと、一面トップで報じている。

午後王宮前広場に見に行く。兵士の数は多いものの、とてもクーデターが起きて戒厳令下の都市と言う雰囲気ではない。226事件のような状況を想像していたので拍子抜けした。その後ラチャダームヌンの官庁街へ。ここは人が多く出ていた。驚いたのは、その人手を当て込んだ屋台の数(大笑い)。そうだよなー、クーデターなんかより、日銭を稼ぐ方が大事だよなと妙に納得。人々は兵士と一緒に記念撮影などをしている。兵士の方も照れ臭そうに「オーケーオーケー」などと言って応じている。ふざけたガキはM16の銃まで持たせてもらっている。う~んさすがはタイのクーデターは、他とは違う。

夜行列車に乗ってウボンへ。切符をタイ人に頼んでおいたら、1等寝台など買ってきやがった(1000B強)。2等エアコン無しでいいのに。いつか列車のエアコンで風邪を引いて大変な思いをしたことがある。自分が日本人だから気を使ったのか、彼らはいつも1等寝台に乗っているからそうしたのか。タイの鉄道の食堂車で、車窓の風景を眺めながらビールを飲むのは至福の一時だ。

600_thai_1.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | バンコクにて | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ウボンラチャタニに到着 | メイン | バンコク到着>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/2-58f80fd4

| メイン |