ロイカトーンinウボン
2006/11/05(Sun)
メナームムーン(ムーン川)


今日はロイカトーン。日曜なので周りに誰もいない。仕方なく夕方一人で見に行こうと思っていると電話が鳴った。知り合いの女からでロイカトーンを見に行こうという。他の知人も含めて5人でメナームムーンに行く。単なる“灯篭流し”位にしか思っていなかったが、行ってみて驚いた。物凄い人手だ。

PB050127.jpg

川沿いは人、バイク、屋台の熱気で溢れかえっている。バンコクもこうなのか。或いは日本も田舎の方が娯楽に欠けるので伝統行事は盛り上がる。ウボンもそうなのか。

PB050128.jpg

面白いのは川に流す灯篭の他に、空に飛ばす灯篭もあることだ。気球の要領で排気ガスを利用して打ち上げる。ウボンの夜空に行灯があちこちでゆらゆらと浮かび上がって、とても幻想的な光景だ。
ミス・ロイカトーンコンテスト
PB060138.jpg

続いてバイクにまたがりラジャパット大学へ。ここではミスロイカトーンコンテストをやっている。ロイカトーンといえば、灯篭流しの他にミスコンが有名だ。タイの民族衣装を身にまとったウボン美人が勢揃い!う~んやはりみな美人だ。髪型がみんな銀座のクラブのチーママっぽいのがウケる。やはり日本の女性も和服に日本髪を結った姿が一番きれいなんだろうな。

ラジャパット大は、ミスコンの他に食い物屋台や学生による出店もあり、ここも物凄い人手だ。大学内がここまで伝統行事と密着し、地元の人々に開放されているとは日本の大学では考えられない。

PB060139.jpg

ロイカトーンを楽しんだ後は、バイクで知人の家へ。玄関先にある石製の丸テーブルと椅子に腰掛けて、夜風を受けながらネームを肴にビールを飲む。今日は一人でロイカトーンを見に行くつもりだったが、ずっと楽しむことができた。

日本ではつるんで遊ぶことはあまりない。しかしタイで楽しむには、やはりタイ人の友達とつるんだ方は面白いのか。タイ人は一人で酒は飲まない、タイ人の一人旅・バックパッカーなど見たことないと言われる。せっかく遊びに誘ってくれるタイ人が周りに多くいるのだから、タイ人の人との距離感や付き合い方をもっと学ぶ必要がある。
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<U-Bar | メイン | ウボンラチャタニの村>>
コメント
-  -
(^~^)始めまして。ウボンの名の付くブログは珍しいですね。うちの妻はウボン出身で、家は市内から車で2時間。ラオス近くです。とてもステキなブオグですね。
2006/11/08 00:58  | URL | W.hitoshi #-[ 編集]
-  -
コメントありがとうございます。
「な~んにも無いところがウボンのいい所」などと言ったらウボンの人に怒られますでしょうか。でも本当です。
2006/11/08 11:54  | URL | #-[ 編集]
- たまたま見ました -
ウボンという文字からたまたま見にきてみました。当方以前ウボンに住んでおりました。懐かしく、ムーン川の盛況ぶりが嬉しいです。U-Barは私がいた46年ごろからあったと思うのですが、最近も人気のようですね。また更新楽しみにしてます!
2006/11/08 19:21  | URL | chattawaa #-[ 編集]
-  -
コメントありがとうございます。U-Barがそんなに古いとは知りませんでした。
2006/11/09 21:08  | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/23-38a6c975

| メイン |