U-Bar
2006/11/07(Tue)
クラブ U-Bar


今日はウボンのナイトスポットを紹介。ピチットランサン通りにあるクラブ「U-Bar」。「地球の歩き方」には載っていないが、「Lonely Planet」にhip stylingと掲載されている。行ってみると物凄い超満員。ラッシュアワーの山手線くらい混んでいる。もしかしてウボンNo.1の人気店か。まともに歩くこともできない。

PB050116.jpg

客層がこれまた若い。全員20歳前後だ。私はまだ若いと思っているが、この店ではジジイなんだろうな。入り口でIDチェックをやっていたが、私はノーチェックだった(何もそう無視せんでも・・)。客層から見るとバンコクのRCAにあるクラブに近いと言えばわかってもらえるだろうか。でもここはウボン。RCAのクラブほど洗練されている訳ではなく、かなりショボい。失礼ながらラチャダーピセーにある場末系クラブといった方があっているかもしれない。

168792094_791fc1cbd5_s.jpgここでのおすすめは、カクテルの「ブルーカミカゼ」(70B)ということだった。なぜかタイでは有名なカクテルで、SPYのカクテルシリーズとしても7イレブンで売っている。ここではフローズンコーラのようなサーバーから注いでくれる。自分が飲んだ限りでは、日本の屋台のカキ氷ブルーハワイに焼酎をぶっかけただけにしか感じない。まあ一回飲めば十分ということだ。

PB050119.jpg

客は6対4くらいで女の方が多かった。バンコクではないので、外国人目当てのそっち系の女性は皆無、というか外国人は私一人、めったに来ないだろう。みな友達どうしで来て100Pierをボトル一本入れてわいわい楽しんでいる。

とてもナンパできるような環境ではないので、女性ウォッチングだけに留めた。ウボンの若い女の子たちが何を思い描いて生きているのかには興味がある。タイ語も上達すれば、いずれ機会を捉えてインタビューしてみたい。この日はそそくさと退場する。
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<クイジャップの隠れた名店 | メイン | ロイカトーンinウボン>>
コメント
- (@_@)当然、 -
外国人料金はないのですね。ついでに服装チェックも(笑)。でも、ウボンもおしゃれに(垢ぬけないが)なってきましたね。私の娘はウボン市内にアパートを借りて高校に通っていて、結構、遊び歩いているようです。
2006/11/08 16:31  | URL | w.hitoshi #-[ 編集]
-  -
コメントありがとうございます。U-Barは“芋洗い”状態でした。別の店を開拓します。
2006/11/09 21:15  | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/24-7db25461

| メイン |