ウボン~バンコク鈍行列車
2006/11/19(Sun)


用事があってバンコクに行くことになった。列車の切符を買いにウボン駅へ。前回、当日に切符を買いに行って買い損なったので、今回は前もって前日の昼に行く。甘かった。翌日の寝台切符は全て売り切れ。幸い鈍行列車の座席が一席だけ空いていたので購入。何たるマヌケぶり。要領の悪さやボケぶりが、段々とタイ人化してきた気がする。

それにしても何で東北線はこんなに混んでいるんだ?チェンマイや南部に行った時など、余裕で当日に寝台券が買えた。東北地方はバンコクへの労働力の供給源なので、列車は常に混雑しているのか。他の国なら需要に応じて便数の増発となるだろうが、そうならないのがタイという国だ。

以前はSpecial Expressと呼ばれる特急22号(551B)を使い、わずか9時間でバンコクに到着した。ところが今回はRapid144号(331B)で、何と12時間10分もかかる。何がRapidだ!全然速くないじゃないか!まあ怒ってもしょうがない。諦めて乗ることにする。

走っている時はドアぐらい閉めろ!
PB100198.jpg

タイの列車は特急でもボロいが、鈍行となるともっとボロくなる。走っているのが不思議とさえ思えてくる。ドアも開けっ放しで走っている。全車両でエアコンはなし。まあこちらの方が自分にはありがたい。以前クーラーがガンガンに効いたエアコン寝台で風邪を引いて高熱を出し、死にそうになったことがある。クーラーなど無い方が良いのだ。

鈍行列車のタイ人乗客
PB100201.jpg

一番印象深かったのは、この鈍行列車に乗っているタイ人たちだった。一番安いだけあって、皆ごく普通の庶民だった。車内を徘徊する物売りも面白い。串に刺したままの巨大ガイヤーン(焼き鳥)や、皿に盛ったソムタムを売りに来たりする。特急列車ではお眼にかかれない光景だ。それを皆うまそうに食べている。

親子連れも多い。彼らの表情にバンコクへ行くことに対する緊張感やウキウキ感が見てとれる。生活は必ずしも豊かではないかもしれないが、家族一緒でとても幸せそうであった。タイの教育問題の一つとして、児童労働がある。よく露天や廃品回収で親の仕事を手伝っている子供を多く見かけますね。子供が両親の労働力として利用され、教育の機会を奪われているというものです。親の仕事の関係でやむなく学校をドロップアウトしてしまう子供が多くいます。

「子供の成長には教育が必要」というのは当然でありますし、一方「小さい頃から手に職を付けさせれば、将来喰いっぱぐれが無い」という親の意見も一理あります。難しい問題ですね。

ディープなタイの庶民の生活にどっぷりとつかることができる鈍行列車。これもまたタイを理解するための一助となる良い体験でした。
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<タイ語と私 | メイン | アヒル料理のフルコース>>
コメント
- はじめまして -
Panyaaさん、はじめまして。コンヌアと申します。実は今月6日から3泊で初めてウボン・ロイエットに行って来たんですが、特にウボンはとても気に入ってしまいました。タイに来て初めて、こんなリラックス出来た旅は無かったと思わせる程だったんです。ほとんど何も調べないで行ったのですが、ほとんど困る事は有りませんでした。そんな所にお住まいのPanyaaさん、羨ましいですよ。また是非訪れたいと思っておりますが、その際は、ここのブログ活用させて頂きますね。これからも楽しみに拝見させて頂きます!
2006/11/20 20:44  | URL | コンヌア #-[ 編集]
- 列車旅行ですか! -
いいですね。以前に「世界の車窓から」で見て、一度乗ってみたい線でした。でも、シートは柔らかそうですね。しかも、ゆったりしてる?。10数年前で、他の線ですが、板のシート(硬座)で、お尻痛かったです。
2006/11/21 11:57  | URL | w.hitoshi #-[ 編集]
-  -
コンヌアさんコメントありがとうございます。
「何も無いところ」がウボンの魅力です。バンコクと比較してこれ同じ国か?と思います。外国人も来ないので人がスレていないですね。観光情報やフツーのウボン人の日常生活もアップしていきます。
2006/11/21 13:38  | URL | #-[ 編集]
-  -
「世界の車窓から」を味わうなら、やはり2等寝台(エアコン無し)の一階席がいいですね。Rapidには寝台車も食堂車も無いのでイマイチでした。
2006/11/21 13:42  | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/30-4bd0057a

| メイン |