ガイヤーンの美味い店
2006/11/29(Wed)
ガイヤーンの美味い店


イサン(タイ東北部)と言えば、何はなくともガイヤーン(焼き鳥)。ここは満を持して自信を持ってお奨めするガイヤーンのお店です。店名はガイヤイ(大きい鶏)。店の目印となるのが鶏の巨大オブジェ。

まただよ。どうもウボンには工夫のへったくれもない店の名前と、食わせるネタの巨大オブジェを置く店が多い気がする。いや、実はこれはウボン人をマーケティング調査した結果に基づくものなのか。そんな訳は絶対ない。まあ深く考えないことにしよう。場所はパローチャイ通り。ソイ6に入る曲がり角にあります。

これがガイヤーンだ!
PB290212.jpg

店の前でこうして鶏を焼いている。これは通りを歩く人間を焼き鳥の香ばしい煙であぶり出し、店内に引き込もうという集客作戦だろう。腹がへっている時にこの店の前を素通りできる人などいやしない。

清潔な店内
PB290213.jpg

クーラーの効いた小奇麗な店内でお召し上がりいただけます。

キターーーーー!!!
PB290217.jpg

これがガイヤーンだ!一匹丸ごと贅沢にコンガリと焼いている。醤油ダレの普通のガイヤーンも食べられるが、ここでは塩焼きのハーブ風味のガイヤーンに挑戦して頂きたい。周りに塩を軽く降って内側にサムンプライ(ハーブ)をすり込んである。これがメチャ美味!

こんなハーブの食べ方など一体誰が考えたのか。タイの地鶏だからこそこんな食べ方ができるのだ。日本のブロイラーの鶏だったら不味くて食えないだろう。鶏肉自体も美味だが、コンガリ焼いた皮の香ばしいパリパリ感も絶品だ。

PB290214.jpg

仕事中だというのに連れの男は昼間からビールを注文した。よくやった!水やジュースで焼き鳥が食えるか!ソムタム、魚のラープ、竹の子のココナッツミルク煮などが運ばれてくる。どれもみな最高の味だ。

メインディッシュはプラチョーンボーラーン
PB290215.jpg

この店ではガイヤーンの他に是非このプラチョーンボーラーンも一緒に注文したい。これは雷魚を揚げて、その上に唐辛子の効いた甘辛く酸っぱいソースをかけたもの。ピーナッツや紫玉ねぎ、こぶみかんの葉と一緒に絶妙な味覚を演出している。

これぞタイ料理の王道だ。こうした本場のタイ料理は、日本のタイレストランでもなかなかお目にかかれませんな。誇張ではなく、本当に美味すぎてフォークを落としそうになった。

料理の辛さにタイのビールがとてもよく合う。真っ昼間からこのような激ウマのタイ料理をたらふく食べてビールもガブ飲み。一体私はタイの片田舎で何をやっているのだろう?ウボン人は毎日このような暮らしをしているようだ。地上の楽園があるとしたら、それはここタイのウボンかもしれない。
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンのレストラン | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<シーサケート県 | メイン | タイ語と私>>
コメント
- うらやまし過ぎるゾ! -
ガイヤー~ンにビール!ウボンでブロイラーを見つける方が困難?みんな地鶏ですよね!見た目、シャモみたい?雷魚の古代揚げでしょうか?もう、ビール。もう一本!ですね。
2006/12/01 00:59  | URL | W.hitoshi #-[ 編集]
-  -
3人で飲み食いして500B位でした。
この日一日で3キロくらい太った感じがします。
2006/12/01 11:39  | URL | #-[ 編集]
- なんて美味しそうな・・ -
ガイヤーンが食べたくてしょうがなくなりますね~。
で、このお店なんですがトーセン・ウボンホテルの有る通りに有るのでしょうか?(今、TATで貰った地図でチェックしてますが)ガイヤーン以外の料理も美味しそうですし,是非次回チャレンジしてみたいと思います。それにしても3人で飲み食いして500Bは安いな・・・
2006/12/02 18:36  | URL | コンヌア #-[ 編集]
-  -
そうです!トーサンホテルのもっと先です。中心部からやや離れますが、行く価値は大です。
2006/12/02 22:59  | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/32-0e394452

| メイン |