世界エイズデーinシーサケート
2006/12/03(Sun)


12月1日はWHO(世界保健機関)が定めた世界エイズデー。週末の今日は世界中でエイズに関する啓蒙活動のイベントが行われている。

こんなド田舎のシーサケートでもイベントが行われているので行ってみた。行ってビックリ。これはもう単なるエイズのイベントではない。何とパレードまで行われている。さながらドンチャン騒ぎでみんな半狂乱のように踊り狂いながら行進している。知らない日本人が見たら新手の新興宗教か精神異常者のアブナイ集団に見えるだろう。

延々と続くパレード
PC020266.jpg

パレードはイベント会場まで何百メートルも続いている。イサン民謡のモーラムの演奏バンドまで出てきて、辺りは異常な盛り上がりを見せている。何なんだ一体これは?

やっぱり酒が入っていたか
PC020265.jpg

この盛り上がり方は尋常ではないと思っていたが、やはり男も女もみな酒が入っていた。私も無理やりこのサンソムをストレートで一気飲みをさせられた。グハー!でもまだ朝の8時半だぞ!日本では例え休日でも朝っぱらから酒を飲むのは道徳に反すると考えられている。タイではそんなの全くお構いなしのようだ。

PC020274.jpg

狂喜のパレード集団はイベント会場に辿り着き、舞台の前で整列して止まった。タイの伝統的な民族衣装を身にまとった男女が国王夫妻の肖像画を手に中央にやって来た。そして開会が高らかに宣言される。

会場の各ブースではエイズや性に関する知識普及のための様々な展示や啓蒙活動が行われており、どこも人で大変混雑していた。私も興味を持って出店に行ってみる。

彼女の手に握られているのは?
PC020277.jpg

彼女の両手に握られているのは、まぎれなくポコ×ンである。かなりリアルな作りだ。見ていると、「これとアンタのとどっちが大きいの?」とブツを左右に振りながら聞いてきやがった!コリャ一本取られましたな。小生の愚息はこんなに黒光りしていません。

コンドームのオンパレード
PC020279.jpg

続いて様々なコンドームの展示。女性用のコンドーム(写真中央)まであった。こんなの初めて見た。集まった人々にスタッフが無料でコンドームを配っている。

女性スタッフが「アンタ日本人だからこっちのコンドームの方が大きめだよ」と手渡してきた。確かにタイのコンドームは日本のに比べてやや小さめだ。でも何でアンタがそんなこと知っているんだ?オレのを見たことでもあるのか?ナゼか小学生の男の子や女の子まで面白がってもらっている。

エロ漫画ではありません
PC020280.jpg

ドッヒャー!続いての展示はズバリ御開帳。日本の中学の保健体育の教科書でもここまでリアルではありませんな。日本のエイズ教育や性教育は良い所まで行くかに見えたものの、そのあまりにグロテスクな内容に教育委員会をはじめとするウルトラ保守層が「行き過ぎだ!」とわめき散らして相当後退したと聞いたことがあります。

でも人間であれば性やエイズの問題に「ワタシャ関係ない」などと言える人は誰も居ないのだから、何歳なら早過ぎて何歳ならもうOKなどと言ってる場合じゃないと思うけどな。

タイ式エイズ教育普及方法
PC020287.jpg

ブースに行って驚いたのは、そこのスタッフのやり方。まず無料でお菓子、歯ブラシ、洗剤、コンドーム等をバラ撒いて人をジャンジャン集める。ただバラ撒くのではなく、エイズに関するクイズやアンケートに答えさせて知識の普及に努めている。

集まった人たちもクイズ感覚で面白がって引き込まれるように参加している。ポコ×ンの置物にコンドームを付けさせて、上手くかぶせられたらハイ景品!というのまでやっていて、女の子がキャーキャー言って楽しんでいる。ブースの前ではミニ運動会まで行われている。ここでも勝ったらハイ景品。

ここへ来た人達はおそらくエイズなどに関心など全くなかっただろう。ただ何か面白そうなことをやってるから来てみたという感じだ。そういう人達の関心を上手く引き付けてエイズについて教えてしまうという彼らの手法はあっぱれと言う他ない。テキヤの口上にも似た最高のプレゼンテーション能力に人々は釘付けになっている。

PC020292.jpg

おそらくこの日は日本でも同様のイベントが行われているだろう。でもどんなものか行かなくともわかる。専門家と称する連中の超つまらない講演会やシンポジウムに違いない。ブースでは「ご自由にお持ち下さい」と資料が置いてあるだけで、その後ろでスタッフが暇そうに座っているだけだろう。日本では「それが大切・重要であるのはわかるけど、どうもつまらん」ということが多すぎますな。

その点、タイではまずサヌック(面白い)というところから始まる。冒頭のエイズのパレードに参加している人達も本当に楽しそうだった。楽しくなければ誰も参加しないし、知識も広まりはしないだろう。

注目すべき点は、こうした活動は地域のボランティアの人々によって自発的に行われているということである。エイズに関するアドボカシーキャンペーンという点では、タイでは大成功を収めたと言ってよい。日本はこんなタイのド田舎に完全に負けてますな。

サヌックに始まりサヌックに終わる。今日もタイ人から日本人が知らない大切なことを一つ教えてもらった一日だった。
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<路上お座敷屋台 | メイン | シーサケート県>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/34-c222a16a

| メイン |