スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ウボンの家庭料理
2006/12/17(Sun)


毎日のように様々な店を食べ歩き、また飲み歩きしていますが、自宅に招かれてウボンの家庭料理をごちそうになりながらゆったりするのもまたウボンでの至福の時です。

手ぶらで行く時もありますし、手土産を持参する時もあります。果物を持って行ったり、飲んだくれが多い時には、ビアリオー(なぜかシンハーではなく)、氷(これが重要。ビールにも入れる)、ウイスキーを持って行ったりします。酒はこちらではサンソム、100piper、リージェンシーあたりが多く飲まれています。主にソーダでうんと薄く割って飲みます。

PB290228.jpg

暑いからといってビールをゴクゴク飲んだり、酔いたいからといって強いアルコールを早いピッチで飲むのはウボンでの「正しい流儀・作法」ではありません。私もここへ来たばかりの頃は、こうした日本式のせっかちな飲み方をしていて一人苦笑していました。

また腹がへっているからといって、ムシャムシャ、ガツガツ食べるというのもこちらでは大変お行儀が悪い。食べるのも飲むのも超スローペースで、ゆっくりと楽しみながらおいしくいただく、というのが正しい作法です。

PB290222.jpg

よく出てくる料理はやはり、ガイヤーン、ソムタム、カオニャオ、ラープ、魚のトムヤムあたりでしょうか。土間にゴザを敷いて車座になってみんなで食べるというのが、家庭的な温かさを感じさせてくれます。

呼ばれて行くとたいてい友人、知人、親戚、同居人等、訳のわからないその他大勢の人まで混ざって一緒になって飲み食いします。色々な人を紹介されて私もワイ(合掌)でご挨拶申し上げますが、酔っぱらっている上にピーとかプンとかポンだとか同じような名前の奴ばかりなので一回ではとても相手の名前は覚えられません。

PC040300.jpg

食べる時はタイ式一軒家にありがちな一階のオープンエアーのスペースで食べることが多いです。ホロ酔い気分に夜風が気持ちよく、上を見上げると星空がとてもきれいです。

その後はお決まりの飲酒運転で皆家路へと帰っていきます。ウボン人の普通の一日はこんな感じで過ぎていきます。
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ウボン式結婚式 | メイン | Ubon Buri Hotel & Resort>>
コメント
-  -
写真に写っているの、枝豆ですか?!
日本人(特にサラリーマン)は、どうしてもせっかちな食事となってしまいますよね。特に会話に加われないので、ひたすら食べる(笑)。名前を覚えているのは、自分の家族6人だけですね。その前に、どういう関係か、理解できていない(笑)。
2006/12/20 15:36  | URL | w.hitoshi #-[ 編集]
-  -
そうです。ビールに枝豆でした。また日本とタイとの妙な共通点を発見しました。
2006/12/21 11:10  | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/39-b5c66d71

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。