ウボンの日本料理店
2007/01/03(Wed)
日本食レストラン「ハナダ」
hanadacard.jpg

私は海外に行っても日本食などに恋しくはなりません。逆にタイ料理が美味すぎて、毎日嬉々として朝昼晩タイ料理を食べています。「またこれか」と飽きることは全く無く、今も未知のタイ料理に遭遇して感動しています。

そんな私でも正月くらいは和食が食べたくなった。幸い普段私を連れ回すタイ人連中は正月なので周りにいない。これは日本食レストランに行く絶好のチャンス。早速行ってきました。

ありました「ハナダ」発見!
P1010539.jpg

地球の歩き方にもLonely Planetにも日本食レストランの掲載はありません。日本語や英語の現地情報誌などもちろんウボンにはありません。そこで口コミを頼りに情報ネットワークで取材をすると、一軒の日本料理店があることがわかりました。名前は「ハナダ」。

場所はThanon Sri Narongという通りにある(上記の名詞参照)。Talaat Tonyangという市場の入り口付近です。日本料理店なのに日本語の看板や日の丸なども全く無い。これではタイ文字が読めない日本人は、ここが日本料理店であることすらわからない。きっとそんな日本人客など想定外なのであろう。さすがはウボンの日本料理店だ。

ハナダの店内
P1010532.jpg

竹の装飾と日の丸でかろうじて日本らしさを出してはいるがそれだけ。中年のタイ人のオバちゃんが経営者でした。私が珍客と見えて親しげに話しかけてくれた。

聞けばウボン大学の講師をしているという日本人が過去に来たくらいで、日本人は全く来ないという。そりゃそうだ。日本人自体がウボンにいないし、この付近も完全に地元民向けの市場通りだ。正にタイ人によるタイ人のための日本食レストランであった

板長はタイ人
P1010535.jpg

一通りの和食は揃っている。値段的には100B前後で済む料金。バンコクの日本食屋に比べたら安い。でもこの付近のタイ料理屋は一品20Bの世界。そんな環境で果たして経営が成り立っていけるのだろうか。板長はタイ人でした。

ハナダのメニュー
P1010531.jpg

ウボンの中心部で潰れた日本食レストランの跡を見たことがある。タイ人も日本料理は大好きで、ウボンでは日本ブランドもまだ健在だ。しかし高くてそう毎日など日本料理屋になど行ける訳がない。一品20Bのタイ料理屋に対抗して値を下げれば、高い日本食の食材ではコスト割れだ。

タイの日本食レストランの主な顧客は、タイ人富裕層と日本人客や欧米人客などだ。そのどれもがウボンでは極端に少ない。この辺の事情がウボンに日本食レストランがない理由ではないかと私は推測している。

アラスカサーモン巻き(120B)
P1010536.jpg

メニューでこれが一番高い料理です。見た目はまあ合格かな。味の方もまずまず。アラスカサーモンなどと言っているがかなり怪しい。正直にタイサーモンとか言ったらどうだ。何ヶ月かぶりの寿司はとても美味い。アラスカサーモン巻きの量がタイ人サイズなのでこれでは足りない。

余談だがアメリカにある日本食レストランの一品の量は、当然ながらアメ公サイズ。セットメニュー9ドルとかで、寿司+丼物+そばまで付いてきて「大食い選手権か?」と思ったことがある。

カツ丼(60B)
P1010537.jpg

続いてカツ丼も注文。カツ丼の味も悪くはない。肉を叩いて伸ばし、小麦粉や卵でコロモ付けをしているところなど修行の後が見てとれる。

総じてこの店の日本料理は、パーフェクトではないものの、十分合格点を付けてあげられるレベルです。少なくとも見よう見まねでデッチ上げたインチキ日本料理でないことは確かだ。たまにはちょっと贅沢をして和食を食べたい時などに使えます。

このHPを見て来たと言って上の名刺を持っていけば10%割引してくれるかもしれません。まだウボンには他にも「日本人が決して来ない日本食レストラン」が一つ二つあるそうですのでまたレポートしたいと思います。
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンのレストラン | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<コヨーテガールinウボン | メイン | 元旦のウボンにカラバオ現る!!>>
コメント
-  -
これはまた、貴重なレポートをありがとうございます。
私もタイ料理尽くしで、充分なのですが、ウボン在住のタイの親類には食べさせてあげたいですね。多分、美味しいと思うはずないのですが・・・、まぁ、自慢話にはなりますね(笑)。名刺持っていきます。
2007/01/03 21:28  | URL | w.hitoshi #-[ 編集]
-  -
私は密かに絶対ありえないタイ風インチキ日本料理を期待して行ったのですが、ごくフツーの和食が出てきて逆に拍子抜けでした。でもおいしかったです。
2007/01/04 00:19  | URL | #-[ 編集]
- タイの文化 -
始めまして。

グローバル・ビズ(http://gbiz.jp/)というサイトで、
世界各国のビジネス文化/マナーを紹介しているカワテと申します。

タイにつきましても紹介させていただいており、
http://gbiz.jp/taitop.htm
タイ文化に身近に触れられている方々にご訪問いただき
ご意見やご感想を聞かせていただけたらと思い、
勝手ながら書き込みさせていただきました。

*panyaa様、突然の書き込み失礼いたしました。
 不適切でしたら、お手数ですが削除ください。
2007/01/04 22:20  | URL | グローバル・ビズ #8LCdvow6[ 編集]
- はじめまして -
イーサーンの匂いを感じることができるこのblogを
読ませていただいておりますトムヤムと申します。

私もPanyaaさんと同様に、日本食を食べる機会など
ほとんどありませんが、ウボンの日本飯屋のレポートを
楽しく読みました。

>>タイ文字が読めない日本人は、ここが日本料理店で
>>あることすらわからない

という部分に大変に親近感を覚えました。

バンコクから列車で半日以上(昨今ではスプリンターも
あるようですね)、隣県のスィーサケットまでは
時々行っておりますが、残念ながらウボンまで足を
伸ばす機会はそれほど多くありません。

今後もイーサーンの風を感じさせてくださいね。

それでは失礼します。
2007/01/06 19:44  | URL | トムヤム #wLMIWoss[ 編集]
-  -
ウボンあたりまで来ますと、もうバンコクとは全く別世界のようです。様々な意味で文化圏は隣国ラオスに近いのかもしれません。
2007/01/07 11:53  | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/45-9d2f6fb3

| メイン |