スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
カーオムーデーンの店
2007/01/23(Tue)
カーオムーデーンの店


カーオムーデーンのおいしいお店に連れて行ってもらいました。場所はトゥンシームアンのすぐ隣です。

トゥンシームアンを背にして立ち、地球の歩き方の地図に載っているウボンプラザを前方に眺めます。その交差点の右手にお店はあります。

ウボンプラザはUbon Plazaなどと書かれた看板は無く、タイ語の標記だけですので注意が必要です。

P1080536.jpg

この店はカーオムーデーンとクイティオの麺しかメニューがありません。日本でメニューが何十種類もある店はあまりおいしくなく、2~3種類だけで勝負している店の方が美味いのですが、それはここウボンでも同じです。

当然ながら英語などは全く通じません。というかタイ語のメニューすらありません。この手の店のメニューは壁に掛かっていることが多いです。このタイプの店がタイ人客で混雑していれば美味しい可能性が高いです。

逆に言えば英語や日本語のメニューのある店は、高くて味はイマイチのことが多いです。メニューがタイ語と英語(日本語)で併記されていれば問題ありませんが、英語(日本語)オンリーのメニューは注意が必要です。

P1080537.jpg

別にあるタイ語のメニューの方がずっと安かったりします。もっともこうしたセコイ店はバンコクやプーケット等のリゾート地に多いのですが、ここウボンでは聞いたことがありません。

私はレストランを眺めて欧米人がいれば入るのを控えることが多いです。有名な英語のガイドブック「ロンリープラネット」は地球の歩き方に比べれば情報量が多いのですが、ことレストラン情報となるとあまり当てにできません。

コンチネンタルブレックファースト、ハンバーガー、ピザ、パスタ等のいわゆる「ファラン飯」の店が多い。またこの手の店で働くタイ人はタイ人らしい微笑みを忘れてしまっている。

所詮、欧米人の味覚がスタンダードになっているから不味くて高い、などと言ったらLonely Planetに怒られるでしょうか。

来ましたカーオムーデーン

P1080534.jpg

チャーシューの歯ごたえと甘辛のタレがたまりません。ロースとヒレの部分が程良く混ざっています。肉汁が滴り落ちます。

パックチーも良く合います。これで25Bです。少量なので足りない方はピセー(大盛り)を注文しましょう。

ガオラオ(麺無しスープ)
P1080535.jpg

汁物としてガオラオも一緒に頼みました。これにクイッティオやバミーを入れて注文もできます。

豚や魚のルークチン(つみれ)や、モツ、レバーやすじ肉まで入っています。かなり濃厚なダシが効いてスープは最高の味です。刻み長ねぎや揚げニンニクが香りを引き立てています。これも25B。50Bでお腹一杯です。

この店は昼過ぎまで営業していて夜はやっていません。昼だけの営業や、朝しかやっていない店もウボンに多くあります。

このカーオムーデーンの店は、トゥンシームアン近辺にある格安ホテル群からも歩いて行けるので便利です。
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンのレストラン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ウボンの新年会 | メイン | ウボンの精神病院>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/49-c8c47431

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。