タイ検・イサン語・タイのエリート
2007/02/01(Thu)
タイ検4級
certificate.jpg

11月に受けたタイ語検定の結果が返ってきていた。4級に合格していた。

56人受験して38人合格。合格率68%は相当高い。かなり想像で解けてしまう設問も多かった。9月にウボンに来てわずか2ヶ月で4級に合格したことになる。

タイ語の勉強など全くしていないが、日本人コミュニティーと隔絶し朝起きてから夜寝るまでずっとタイ語のシャワーを浴びていると上達は早いようだ。

コトバを覚えるには、机にかじりついて勉強するだけではなく、生身の付き合いというのが大切だ。日本で外国人力士が流暢な日本語を話すのもこうした事情によるものだろう。

seiseki.jpg

しかし語学の習得には年季が必要で、そんなに甘いものではない。タイ人連中と飲み歩いたり、キレイなオネエちゃんにちょっかいかけたりしてタイ語が上達するのはせいぜいタイ検4級までだろう。

外国語の習得は、中級~上級にかけてが一番キツイ。今自分に欠けているのは時事・学術関係のタイ語の単語だ。これには相当ねじりハチマキで勉強しないと無理だろう。でも私はそんな努力家ではない。

バンコクに掃いて捨てるほどある外国人のためのタイ語学校も、ここウボンでは私の知る限り一校も無い。外国人自体がいないのだからまあ当然だ。

昨年11月の日記にも書いたが、同時通訳もできる一流のタイ語通訳者でさえタイ語でメシを食うのに苦労しているのを実際に見て、そこまで上手くなるつもりもない。

ある飲み会での一コマ(まだ昼です)
PC310525.jpg

そもそもウボンで話されているのはタイ語ではなくイサン語であって、これはほぼラオス語に相当する。代表的なものは、マイペンライをボーペンニャンと言う。

私もウボンに来たばかりの頃は、ボーペンニャンを連発してウボン人をケラケラと笑わせていたが、もうこの手は古くて使えない。

私の周りでは、ウボン人同士で話す時はイサン語で話し、私に話しかける時はタイ語といった状況だ。つまりウボンでは標準タイ語を学ぶのにも適した環境ではない。

バンコクではトゥクトゥク運転手や屋台の物売りも流暢にタイ式英語を話すが、私の周りのウボン人は、日本語はもちろん英語も満足に話せない。

どの家もセコム代わりに犬を飼ってます
PC310524.jpg

彼らはラチャパット大やコンケーン大といった地元では優秀な大学の出であるが、英語は日本の中学生並みでお寒い限り。

彼らと飲み屋で割り勘にする時、「シェーシェー」というタイ語が何を意味するかずっとわからなかった。それが英語のshareだったことがある。「ペーペー」というのはpayのことらしい。

でも実は英語ができないタイ人ほどタイ人の良さを忘れず、“いい味”を出しているのである。東京でサラリーマンをしている時、タイとも仕事上の付き合いがあった。

英米留学組のタイ人など、エセインテリ・エリート気取りで、「日本になど興味は無いが、仕方なく来てやった」というような態度の奴もいた。

タイのドラマ
G05490032x150.jpg
タイ人の考えるサクセスストーリーはどこか歪んでいる。テレビをつけると、バカの一つ覚えのような三流ドラマをいつもやっている。

主人公は身の毛もよだつ気色悪い欧米人との混血顔。住んでいる家はインドのマハラジャ宮殿のような大邸宅。そこを舞台にしたドタバタ愛憎劇。こんなのがタイ人の考える上流階級か?

撮影技術の未熟さと、大根役者の下手クソな田舎芝居を見て、まるで日本のアダルトビデオを見ているような錯覚に陥る。

私が仕事で会ったあるタイから来た裁判官などは、「こんなタイ人がいるのか?」と思うほど仏頂面・無愛想、死んでも笑わない奴だった。こんな連中に比べれば英語が話せないタイ人の方が一緒にいて実に愉快だ。

あるタイ人宅での飲み会
PC310527.jpg

そんなタイ人達との付き合いがとても楽しく、これまで一生懸命に彼(女)らの話す言葉を理解しようと努めてきた結果がタイ検4級合格につながったと思っている。

タイ語を勉強したところで将来大した役には立たないが、今日もまた新たな単語を覚えようとタイ語と悪戦苦闘している日々である。
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
<<レストラン「スワンサワン」 | メイン | ウボンの新年会>>
コメント
- おめでとうございます -
タイ語検定、合格されておめでとうございます。

私は、妻がタイ人ですが、タイ語はまともに喋れません。
妻が、日本語を話すから・・・
娘が、幼稚園に通いだして、色々と喋るようになってきました。
嫌でも、タイ語を話せるように頑張らねばと思っています。
イサーン語といえば、ジャもよく言いますよね。
サワッデージャとか。

話は変わりますが、犬は何処の家庭にもいますね。
近所には、ドーベルマンがいますが。
尻尾があります。
犬同士では、偉そうですが、私が追いかけると逃げていきますね。
2007/02/03 23:52  | URL | ナ~ム #7dmq8oQg[ 編集]
-  -
どうもです。あの「ジャ」というのはイサーン語なのですか?他のエリアのタイ人も結構使っているような気がしますが。。バードの歌のタイトルにも、「フェーンジャ」というのがありますねえ。
2007/02/04 11:28  | URL | アワカー #-[ 編集]
-  -
ナ~ムさん アワカーさん

典型的なものは否定語の「マイ」をボーと発音することでしょうか。「サバイディーボー」とか。

タイの犬が人目もはばからず片っ端から近くの犬と交尾しまくるのには驚きました。タイ人も同じなどと言ったら怒られますか。
2007/02/04 15:40  | URL | #-[ 編集]
-  -
こんにちは。
「ジャ」は、若くない人が使うようです。
バンコクの人は、使わないらしいです。
若い人は、「ボー」を使うらしいです。
妻が言ってましたが。
違っていたらすいません。

タイの犬は鎖もつけずに放し飼いですからね。
犬本来の姿だとは思うのですが。
タイの犬を見ていると、日本で猫の額のような庭で鎖をつけて犬を飼われている犬がかわいそうに思えますね。
動物虐待にはならないのかな?
2007/02/04 22:46  | URL | ナ~ム #KtOtvm9U[ 編集]
-  -
日本は人間でさえ首に鎖を付けられた会社の飼い犬、などと言ったら言い過ぎでしょうか。
ワトソンズといったタイのマツキヨのような薬局に行くと、陳列棚を5段くらい占拠して大量のコンドームが売られています。
さすがは南国、皆さん発展家ですな~と一人ほくそ笑んでしまいます。
2007/02/06 00:26  | URL | #-[ 編集]
-  -
なるほど、ボーというのは福建語でも使いますね。同じ否定の意味ですね。

自分もワトソンズではよく買い物をします。香港資本のストアですね。タイ資本の代表はビッグC。ベトナムにもありましたよ!
2007/02/06 10:08  | URL | アワカー #-[ 編集]
-  -
タイ語は華僑によって潮州語の影響も強いと聞きましたが、福建語も十分ありえますね。
2007/02/09 15:54  | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/51-cce4ef93

| メイン |