スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
フェリセのコヨーテガール
2007/02/28(Wed)
フェリセのコヨーテガール


このブログに来て下さる方のアクセスを解析しますと、やはりYahoo!やGoogleで「ウボンラチャタニ」と検索して来られる方が一番多い。ではその次は何でしょう。何と「コヨーテガール」でした。「…」

すいません。このブログはそういった主旨のものではないのですが、、、。皆さん相当関心がおありのようですな。そもそもコヨーテガールの生息地はバンコクなのだから、50ほどあるバンコク発のブログで誰かがレポートしてもよさそうなものだがあまり無い。

そこで1万アクセス突破を記念して、customer satisfactionという訳で再び書きましょう。

P2160706.jpg

コヨーテガールのいる店はウボンにいくつかありますが、質・量ともにPhathumrat Hotelのフェリセが一番でしょう。この店もタイ語しか通じませんし、一人では入りにくいので然るべき地元の道案内が必要です。

店が混み始めるのは夜の10時を過ぎたあたりからです。コヨーテガールのショータイムは、確か午後11時と午前1時だったと思います。この時間ともなると客席は超満員。女性客も多く来ています。決していかがわしい店ではありません。

そういえばタクシンが定めた悪法の一つであるナイトクラブの午前1時閉店の営業規制は、ウボンでは全く無視されています。このあたりが田舎のいいところです。

P2160710.jpg

コヨーテガールが開店から閉店までずっと踊っている訳ではありません(疲れて死んでしまいます)。その間は別の歌手の歌やダンスがあります。

またショータイムが終わるとコヨーテは舞台から降り客席に行って“営業”をしかけます。鴨がネギをしょって向こうから来てくれるのです。もちろんチップが目当てですが、100Bもあげれば十分でしょう。

たったの100Bで若くてキレイな素人の女の子が自分の隣に座ってくれるのです。決してイモ臭い田舎女ではありません。この抜群のスタイル、超ミニのタンクトップ・ショートパンツから至近距離で発散される物凄いフェロモンに頭がクラクラとして気絶しそうになります。

生きている喜び・充実感が五感を伝わってムクムクと沸いて来ると言ったら大げさですか。タイのド田舎にこんな知られざる楽園があったとは。夢か幻か果ては極楽浄土か。あくまで紳士的に接しましょう。セクハラはご法度です。

P2160716.jpg

基本的にスレた悪い女はいません。小さな片田舎で人間関係をブチ壊すようなことをすれば居づらくなるからかもしれません。

一見客ばかりのバンコクとは違って、ウボンでは天使と客は浅くて広い友人関係を築き、お互いがリラックスして女も客もつかの間のひと時を楽しんでいるように見えます。

以前この店に来た時に、ラチャパット大学の女子大生でここでチアビアのバイトをしている女から、「日本食レストランに連れてって~」と言われ携帯番号をもらいました。

ところがこの女、こちらが頼んでもいないビールをジャンジャン持ってきて、栓をポンポン開けるという行儀の悪いキャバクラ嬢のようなことをしてきました。

P2160708.jpg

いくらアバウトな夜の世界でも「ビールのお替りはいかがですか」と一言断ってから持ってくるのが筋だろう。前回彼女はそうしていた。もう知った顔なんだからいいじゃんというのか。

この女はかなりの美人ですが、私はこれで興冷めしてしまいました。少しムッとしましたが、ニッコリ笑って「もうビールはいいよ」と言いました。でもまあたかが1本100Bほどのビールにケチケチしてはいけませんね。

トイレのチップせがみ屋さん
P2160713.jpg

タイのナイトクラブのトイレには、トイレに来た客にサービスしてチップをせがむ連中がいます。ここフェリセにもいました。頼んでもいないのに小用を足している最中に後頭部に熱いおしぼりを当て、そして肩から腰、太もも、ふくらはぎをマッサージします。

最初これをやられた時は、「テメー!誰がそんなことしろっつった!」という思いで断ることもありました。しかしタイ人でもチップをはずんでいるのを見て、彼らの商売人根性に敬意を表し私もチップを払うことにしています。

最低10B、20Bもあげれば十分でしょう。よく見ると彼らは短期決戦で数をこなして勝負するため、実にキビキビといい動きをしている。洗面台で液体ソープをシュッとかけられ、タオルで手と顔を拭くと気分も爽快です。

きっと女性用トイレにも髪や化粧を整えてチップをせがむ輩がいることでしょう。不思議なことに、このナイトクラブのトイレにいるチップせがみ屋は、タイだけでなく香港・マカオ、フィリピンでも見かけました。

一体誰がこんな“技術移転”をしているのか。私の想像では東南アジアの経済を牛耳っている華僑が広めているのではないかと疑っています。

そんな訳でPhathumrat Hotelのフェリセは、ウボンにおける最高のエンターテイメント施設の一つに数えても宜しいんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンのレストラン | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<Spa & Thai massage 「ガーイジャイ」 | メイン | 御礼1万アクセス>>
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/04 21:53  | | #[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/56-bfe5dfca

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。