Spa & Thai massage 「ガーイジャイ」
2007/03/08(Thu)
Spa & Thai massage 「ガーイジャイ」


タイでの楽しみの一つにタイ式マッサージがあります。歴史と伝統に裏打ちされた高い技能と安さが魅力です。東京で1時間もマッサージを受けると5,000円は取られてしまいます。

炎天下のタイの街中を歩いて心身共に疲れ果て、「ああ~身体中を念入りに揉み解してもらいたい」という思いでタイ式マッサージの店に行きます。

そんな時に限ってババアのマッサージ師にポコ×ンを揉まれてアッチ系のサービスを持ち掛けられた日には、そのエロババアをチョークスリーパーで絞め殺してやりたいほどの怒りを私は覚えます。

大体そういうエロマッサージ師に限って真のマッサージ技術は著しく低い。おまけに終わってからチップチップとせがんでくる。そもそも腕の良いまともなマッサージ師はチップなど要求してこないものだ。

このブログを始めた頃に行ったバンコクのプラディパットホテルのマッサージ屋などはその典型的な店だ。ご用心、ご用心。

ガーイジャイの受付
P2180745.jpg

バンコクやその他の観光地には、街の至る所にマッサージ屋があり、どの店に入ろうか迷う時があります。そんな時には通りから店内を見て、受付の後ろの壁あたりにマッサージ師の資格証明書をベタベタと貼ってある店は割りとアタリの確率が高い。

偽の資格証明書である可能性も否定できませんが、値段で店を選ぶよりも良い店に巡り合えます。バンコクなどの大都市にあちこちあるマッサージ屋も、ここウボンではあまり見かけません。主な顧客である外国人観光客がほとんど来ないからでしょう。

それでも何軒か良い店があり、そのグレードは高くお手頃な値段なので紹介したいと思います。場所はChayangkun通りのトヨタのディーラーを曲がったUpaleesan通り(番地242/1-4)にあります。

カワイイ女の子がここで足をキレイに洗ってくれます
P1140592.jpg

このお店ではマッサージの他に、スパやハイドロセラピー、サウナなどもオプションで選べます。この高級感とグレードならバンコクであれば軽く1,000Bはするでしょう。

ところが受付で値段を聞いてビックリ。2時間のマッサージでたったの300Bでした。これだからウボンでの生活はやめられない。余りに激安なので勧められてハイドロセラピーまで付けてしまいました。

ここはマハラジャかアレキサンダー大王の風呂か
P2180746.jpg

ハイドロセラピーとは、個室のジャグジー風呂のことでした。ジェット噴射の水流が浴槽のあちらこちらから吹き上げてきます。液体ソープが湯船に程よく泡立ち、アロマセラピーの芳香もプ~ンと漂ってきます。

段々と汗ばんできて最高の爽快感がこみ上げてきました。一人で湯につかるのは少し寂しい気がしますが、これだけ気分が爽快になるのであればよしとしましょう。身体がほてったところでいよいよタイ式マッサージです。

廊下を通ってマッサージ室へ
P1140595.jpg

マッサージに行き慣れていると、最初の2~3分でマッサージ師の力量がわかるようになります。私の相手をしてくれたのは若い女の子ですが、前腕が太く筋肉が発達している。ツボを心得ていて押す力も強い。これは相当の腕前だ。

恍惚感に浸りながら「あなたどこでマッサージを学んだの?」と聞くと、何と1年間もマッサージ学校に行って研修を受けたそうな。道理で上手な訳だ。マッサージを受けながら、タイ語会話の上達のために私はマッサージ師と極力話しをするようにしている。

彼女にとっても無言でマグロのように寝ている客よりも、「サバーイ(気持ちいい)」「上手い!(ゲン)」「強く押して(アオナックナック)」と言って反応する客の方が揉み甲斐があるというものだろう。

P1140593.jpg

1時間のマッサージだと足腰が中心になるが、2時間ともなると腕や背中も念入りに揉み解し、首筋や頭、フェイシャルマッサージまでやってくれる。

あまりの気持ち良さに気を失い、ついウトウトとしてしまうほどだった。2時間といえどもあっという間。終わると全身が軽くなり、今までの疲労感が嘘のように消えて生き返ったように元気になった。

またどうぞいらして下さい
P2180747.jpg

この店のグレードとマッサージ技術から考えても、これで2時間300Bは安すぎる。改めてウボンの物価の安さを実感した。ここはクレジットカードも使えます。

この受付の子がマッサージしてくれるなら、アッチ系でもいいんだけどな…。いやそんなつもりじゃなかった。この店はまた来ることにしよう。
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<ウボンラチャタニのBig C | メイン | フェリセのコヨーテガール>>
コメント
- (〃´o`)=3 フゥ -
写真を拝見しますと、やたら高級そうな造りですね。確かに、これで300Bはすごい。お値打ちですね。是非、行ってみたいですね。
以前、BKKで、ババアではなくおかまちゃんのマッサージ師に、ポコチ○を触られたことがあります。
今回、拙ブログで「ウボン観光」を記事にしましたので、貴ブログを文中リンクさせて頂きましたので、ご了承願います。
2007/03/08 16:06  | URL | w.hitoshi #-[ 編集]
-  -
“世捨て人”の“ディープな”ブログを紹介して頂きありがとうございます。
素敵なウボン女性との間に子宝に恵まれた幸せ一杯のご様子を拝察致しました。
2007/03/08 23:17  | URL | #-[ 編集]
- はじめまして -
こんにちは。w.hitoshiさんのお勧めから飛んできました。

この綺麗さで2時間で300B、安いですね。バンコクでその2倍も取って、もっと清潔感がなくて、ヘタクソで、最後に「チップ、チィィィップ!」って言われて凹むのは、みんな通る道なのでしょうか…汗
2007/03/09 13:02  | URL | 坂木 #WVb5vgCk[ 編集]
-  -
ウボンには外国人観光客がほとんど来ないので、外国人価格の店やボッタクリ店は皆無です。
こんなところがウボンの良いところです。
2007/03/10 01:11  | URL | #-[ 編集]
- 参考になりました -
はじめまして。ウボンに住む日本人です。いつもロビンソン・デパートの横にあるエステ系の店まで、フット・マッサージのため行っていたのですが、他にこんな豪華な店があったとは気づきませんでした。こんど、是非行ってみます。
2007/03/15 03:46  | URL | bunchuu #-[ 編集]
-  -
ご指摘のお店はエステティックサロンのようなところですね。
スパとマッサージでしたらこのガーイジャイもお手頃価格と良質なサービスでお奨めです。
2007/03/15 19:18  | URL | #-[ 編集]
- ここは知りませんでした -
はじめまして。当方もウボン在住です。町中にはほとんど出ません。たまにBigCに買い出しに出るくらいです。のんびりと田舎暮らしを満喫しています。今はちょっと日本に戻っていますが、おみやげいっぱい買ってまたとんぼ返りです。町中にはすごいエステやきれいなバーがあるのですね。町中は空港と、駅と、BigCと、トヨタとピザカンパニーしか知りません。村に住んでると、人混みに出るのが億劫になってしまって(^^;
2007/04/07 20:40  | URL | tanuki #-[ 編集]
-  -
また、おじゃましやすw
プラディパットホテルは4階だったかな?私もおばはんに、マッサジーが終わる頃、、、言い寄られますたが、、、空の財布を見せて、辛くもトンずらした思いがありますww

ガーイジャイは次回、必ず行くぞ~
古式マッサージが老骨には、めたくた骨抜きに、、、あっ、、息抜きになりますww
2007/04/08 10:43  | URL | モコイ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/57-60d8ccec

| メイン |