ナムサイジャイジン
2007/03/22(Thu)
ナムサイジャイジン


ウボンにあるビッグCの裏手には、シャレたレストランが軒を連ねています。この店もその一つ。店名はナムサイジャイジン。

ナムサイとは「清水」、ジャイジンとは「真心」のこと。清水の心、転じてタイ語の辞書には「誠心誠意」と意味が載っています。

テキトーに名前を付けた店が多いウボンにあって、清水の心とはずいぶん気のきいた名前の店です。

日本語に「明鏡止水の心」という言葉がありますが、これも同じように心の持ちようを川の流れに例えています。

清水の心(誠心誠意)
P2200767.jpg

欧米の毛唐ファランに「a heart like spring water」などと言っても決して通じないでしょう。でも日本人にはよくわかる表現です。

この店は「いつまでも“清水のような心”を忘れないでね」と言っているような気がします。

生演奏を聞かせるバンドの他に、この店にもチアビアの女の子が大勢働いています。最初来た時には、その可愛さに正直言って言葉を失い、椅子から転げ落ちそうになりました。

日本ならキャンペーンガールが十分に務まります。私は仕事で東京ビッグサイトや幕張メッセによく行きましたが、東京のイベントコンパニオンよりも遥かにキレイです。

チアビアの名誉と称号
P2200765.jpg

カワイイ女の子が売りのお店ですが、タイ料理の方もとてもおいしく決して手を抜いていません。こうした点がタイの飲食店のエライところです。

値段の方もリーズナブルで、生のシンハービールがピッチャーで120Bほどだったと思います。

グラスを2・3口飲んだだけで、すぐにチアビアがやって来て注ぎ足したり、水割りを作ってくれたりします。手が空いていればおしゃべりにも付き合ってくれます。

日本の常識からすると女性がお酌をすれば水商売になりますが、ここは純然たるレストランであり、チアビアも普通のお嬢さん達です。

Criteriaは脚線美
P2200774.jpg

東洋に存在するとされる伝説上のユートピア「シャングリラ(香格里拉)」や「桃源郷」とはここウボンのことではないかと思えてきます。

私はウボンに来てからは、例え明日死ぬようなことがあろうとも何も思い残すことは無いだろうと思うようになりました。

或いは実はウボンラチャタニとは龍宮城であり、日本に帰ってから鏡を見るといつの間にか自分の顔が白髪・シワだらけの浦島太郎のような状態になっているのではないかという気もして怖い感じさえします。

urashima.gif


チアビアは露出度の高い服を着ていますが、必ずしも店に強制されてイヤイヤ着ているのではないと思います。

美人の女としてこの世に生を受けたからには、花の散る前により多くの男性に自分の美貌を見てもらいたいとうのが彼女達の本音ではないでしょうか。

こういう場合には素直に「キレイだね」と言ってあげるのが喜ばれると思います。

ただしお尻を触ったり、スカートの中を手鏡で覗くといった行為は、早大の植草教授でない限り固く慎んで下さい。逮捕はされませんが、二度と来れなくなります。

uekusa7.jpg


この界隈には、ナムサイジャイジンの他にもこうしたチアビアを置くレストランが何軒もあります。時間帯や曜日によって女の子の数や質は様々です。

通りから店内を覗いてカワイイ子が多くいる店に入ればよいと思います。ナムサイジャイジンから少し歩いた所にある「Soft Soft」というお店もお奨めでキレイな子が多くいます。

この日は病院で医療事務をしているという連れが一緒でしたので、私はチアビアを遠くから鑑賞するにとどめておきました。

どうもチアビア研究が管理人のウボンにおけるライフワークのような様相を呈してきました。そんな訳でウボンのビッグCの裏手は、隠れたチアビアの殿堂にして聖地となっているのでした。

P2200771.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンのレストラン | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<秋篠宮殿下とウボン | メイン | ウボンラチャタニのBig C>>
コメント
- う~~ん -
チアビアの殿堂、聖地。。絶対に行ってみたいですね~!

清水の心。。ですか。タイ語には他にもカーナムジャイって言うのがありますね。チップの事ですが、魚心あれば水心、実にしゃれていますねえ。
2007/03/26 21:15  | URL | アワカー #-[ 編集]
-  -
「カーナムジャイ」というとても美しいタイ語があるのに「ティップ!ティップ!」と言うタイ人は嫌いです。
2007/03/28 15:59  | URL | #-[ 編集]
-  -
そうなのですよ!本当に美人、多いです!私も料理撮る振りして、ビデオ回しちゃいましたもの!
「ムサイジャイジン」とは、ナムチャイと同じような発想なのでしょうね。わが娘もナムチャイから、名付けました。
2007/03/28 18:32  | URL | w.hitoshi #-[ 編集]
-  -
バンコクでもこのレベルを持つ店を知りません。チアビアの殿堂にして聖地というのは誇張ではありません。
また女の子の性格も良いことを付記しておきたいと思います。
2007/03/29 19:27  | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/59-91fc5f0c

| メイン |