Laithong Hotel
2007/05/08(Tue)


ライトンホテルはウボンにおけるNo.1のグレードを誇るホテルです。と言ってもあくまでウボンにおけるホテルのグレードですので念のため。それでもたったの1,300Bです。

ウボンでホテルを探すのであれば、グレードで選べばライトン、利便性ならネバダグランド、リゾート気分でゆっくりくつろぎたいならウボンブリホテル&リゾートになるでしょうか。

どれも田舎ホテルなどとバカにはできないグレードと設備です。ウボンではこの料金でなんちゃってセレブ体験ができるのですから安いものです。

p31.jpg

めったに来ない外国人が来ればホテルマンも温かくもてなしてくれることでしょう。上記3つのホテルの中では、ライトンホテルが最も料理が美味しく、従業員の教育も洗練されていたように思います。

1泊2日でウボンをあちこち見て回ろう、などと計画してはいけません。ここは地元のウボン人に習ってのんびりと過ごし、ウボンを流れるゆるやかな空気と時間に身を委ねるのが正しいウボンの過ごし方だと思います。

ウボンには外国語を巧みに操って外国人観光客を騙す怪しい詐欺師などおりません。市内を流れるムーン川を一日中ボーと眺めるのもいいと思います。

地元のウボン人にもぜひ話しかけてみて下さい。バンコクのタイ人ほど忙しくはないので、会話にも乗ってくると思います。

p16.jpg

以前に偶然入ったコーヒーショップで、私を見るや「あなた中国人?それともベトナム人?」などと寝ボケたことを聞いてきたおネエチャンと楽しく会話したことがあります。

ウボンにはインドシナ戦争によって逃れてきたラオス人やベトナム人から伝わった一杯20~30Bと少し高めの美味しいコーヒーショップが何軒もあります。

注文を受けてから豆を挽いて、ドリップして出すという本格派です。今まで自分が飲んできたコーヒーは一体何だったのかと思うほど香りとコクがありました。

実を言うと私はまだウボンで有名なカオプラウィハーン遺跡にもろうそく祭りにも行ったことがありません。地元のウボン人もあまり興味を示さず、誘われたこともありません。

P2210783.jpg

これはちょうど東京の人間が東京タワーや江戸三大祭などあまり行かないのと同じ理由でしょう。もっぱら外からのタイ人・外国人観光客が好んで行っているように思います。

以前ライトンホテルに行った時には、ここである国際会議が行われました。日本やアメリカで行われる国際会議は、名前がカッコイイだけでタイクツなことこの上ないので私は好きではない。

主催者挨拶とゲストによる基調講演に始まり、発表やシンポジウム、分科会などが延々と続いて実に疲れる。「だってそれが目的で集まったんじゃん」と言われれば確かに返す言葉はない。

P2210784.jpg

しかしあまりにムダや遊びを省いた国際会議は無味乾燥化し、面白くもへったくれもない。こんな会議をウボンでやれば参加者は全員居眠りをするか帰ってしまうだろう。

以前ニューヨークの国連本部で行われたある国際会議に参加したことがある。そのあまりのツマラナさに途中で抜け出し、国連のお土産屋と本屋で時間を潰して何食わぬ顔で議場に戻ったことがある。

それとは打って変わってウボンの国際会議は一味違った。この日はインドシナ各国からの活動家が一堂に会した。

P2210786.jpg

インドシナ半島は国境が複雑に入り組んでいるため、様々な問題が国境をまたがって各国に波及している。従ってそれぞれの国が個別に対策を講じたりするのでは問題の解決にはつながらない。

そこで各国が連携して問題解決に当たり、統一行動や協力体制の確立、情報の共有や人的ネットワークの構築といった多国間の包括的なアプローチが必要になってくる。

この会議にも中国、ベトナム、ラオス、カンボジア、ミャンマーから代表者が参加して、会議の共通言語は英語だった。しかし私も人のことを言えないが、この人たちの英語力はお世辞にも上手いとは言えない。

「セイムセイム」「チープチープ」といった典型的なアジアンイングリッシュだ。それでも互いに通じてしまうのだから面白い。というのも皆さん英語はアヤシイが、全員その道数十年の活動家だ。

国に帰ればみな組織のトップか幹部職員。大切なのは専門的な知識や経験と行動力であって、英語力はコミュニケーション手段の一つにすぎないということだろう。

P2210789.jpg

このようなおカタい国際会議においても、ウボンの人々はサヌック・サバーイ精神を決して忘れない。オープニングや食事の際にはタイの伝統的な歌や踊りが入って参加者を飽きさせない。逐次休憩が入ってコーヒーやタイのお菓子も振舞われる。

参加者も一緒にランボンを踊るなどして、会議に来たのだか遊びに来たのだかわからない状態。心に余裕のない日本人であれば「オレはこんな余興を見に来たんじゃない、とっとと本題に入れ」などと言い出しかねないだろう。

この場には欧米のファランが2~3人参加していたがその存在感は薄く、完全にアジア人のペースで会議は進行されていた。

アジア人によるアジア人のための国際会議。私は「こんな国際会議もあるんだ」と目から鱗が落ちる思いだった。同時に胸のすくような爽快感とアジアの誇りを感じたライトンホテルの国際会議であった。

P2170718.jpg

追伸:いつの間にか2万アクセスを超えてしまいました。マイナーブログにしては短期間で驚異的な数です。ウボンラチャタニというラオスに近いタイの小さな街にそんなに多くの人が興味を持っているのでしょうか。

もしそうならウボンの人々もきっと喜ぶことでしょう。

ウボンの地図
map-big.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンのホテル | CM(17) | TB(0) | ▲ top
<<カフェーinウボン | メイン | The Rock>>
コメント
-  -
こんばんは。
いつも楽しい話題をありがとうございます。
ウボンのホテル、私も一度泊まってみたいのですが、妻の実家があるので泊まれません。
機会があれば、子供とプールに泳ぎにだけ行こうかと考えております。
1300Btですか・・・・・・・・・
安いか、高いかは人それぞれですが。
バンコクでは、考えられない金額ですね。
でも、1300Btで、アパート1部屋が借りられるのもウボンのいいとこですが。

管理人さん、コーヒー(ウボンの女性ごめんなさい)じゃなく、カフェーローンの美味しいお店も紹介してください。
宜しくお願いいたします。
2007/05/09 22:13  | URL | ナ~ム #-[ 編集]
-  -
Palochai通りとChankunnitut通りが交差する所(7イレブンが目印)にコーヒーショップやベトナム料理店が並んでいます。

店内にプミポンタイ国王の肖像画を飾り、奥の見えない所にホーチミン主席の肖像画を飾っているのが面白い。

いずれレポートしたいと思います。
2007/05/11 10:16  | URL | #-[ 編集]
-  -
2回目のコメント書き込みです。
いつも大変楽しみにして拝見しております。
今回のライトンホテルはわたしの定宿だったので懐かしく思い出しました。ホテルマンとワゴン車を借り切って、河原の竹でできたレストランで半日過ごしたこともあります。
ホテルでは息子のおもちゃのリモコンのボートを屋上のプールで走らしたりしました。ある夜、就寝しかけた時停電したことでしょうか。真っ暗でとてもこわかったのを思い出します。バンコクではシャングリラにいつも泊まっていましたが、タイ人の出入りに厳しく、あまりいい思い出はありません。ウボンもここは、気さくでいいホテルでした。あぁ~懐かしい。いろいろ思い出します。では、失礼いたしました。
2007/05/12 12:01  | URL | sws #-[ 編集]
-  -
ナ~ムさん、今度、時間が合えば
このライトンホテルでお茶でもいかがですか?
ウボンに滞在するときは、私めもワイフの実家です。。。
街から約50km離れていますから
周りは田んぼだけ、、、牛もいますがwww
2007/05/12 14:05  | URL | モコイ #-[ 編集]
-  -
初めまして!
8月にウボンへの旅行を計画しているのですが、詳しい市内地図がどこかのHP上にありませんか? 色々探したのですが良いのが見つかりません。
ライトンホテルからBIG-Cまでの距離とメコンが見える良い所を知りたいのです。
よろしくお願いいたします。
2007/05/12 15:27  | URL | mikaduki #NmDr2Edk[ 編集]
-  -
こんばんは。
管理人様、皆様。

7イレブンは妻子が毎日行っているようですが。
場所は違うでしょうね?
道沿いに屋台というか多くに料理屋が並んでいます。
確か、ギターを売っている店もありました。
近くにはガソリンスタンドもあり・・・・
レポートを楽しみにお待ちしております。

モコイさん、お久しぶりです。
私は、正月は必ず(多分)行く予定です。
年末はバンコク、31日からはウボンで1週間ほど滞在する
予定です。
年末年始の予定が決まれば、調整してお会いしたいですね。
私の妻の両親も牛、豚を飼っています。
先日、豚の子供が生まれたと言っていました。
娘が、赤ちゃん豚の尻尾を引っ張って遊んでいるとか。
宜しくお願いいたします。
2007/05/12 22:11  | URL | ナ~ム #-[ 編集]
-  -
個人的な話ですいません。mikadukiさんって、大阪(関西)の人ですか?
もしかしたら、知ってる人かな?
ただ、それだけなんですが。
すいません。
2007/05/12 23:00  | URL | ナ~ム #-[ 編集]
- 実家 -
管理人様 こんにちは
私の妻も実家がウボンです。
丁度ライトンの裏にあるので、実家に帰省するときは、実家が狭いのでいつもライトンです。
今は日本での仕事が忙しく、2年も帰っていませんが、懐かしい画像をありがとうございます。
ライトンの裏手のパブで3500バーツぼられた経験があります。外国人税だと思ってあきらめました(笑

>mikadukiさん
ライトンからビクシーへは、トゥクトゥクで50バーツでした、距離は4キロくらいかな?20分くらいです。
タクシーがほとんど拾えないので、主な足はトゥクトゥクです。
ライトンからムーン川は近いですが、トゥクトゥクで移動が良いです。
ムーン川に着くと、近くに水上レストランがあります。
コテージ風(竹製の屋根と床だけ)の素敵なつくりで、川の上で食事が出来ます。
今の時期は、クンテン(えびの踊り食い)がおすすめ。
2007/05/13 12:14  | URL | Nonbe-san #RaJW5m0Q[ 編集]
-  -
>管理人様
ウボンのことは、このプログの情報が大変参考になりました。

>Nonbe-sanさん
情報有難うございます。
のんびり過ごそうと思っています。

>ナ~ムさん
数年前、大阪での飲み会に参加したことはあります。
今は、もっぱら地方巡りの貧乏旅行をしています。(笑)


2007/05/13 15:15  | URL | mikaduki #NmDr2Edk[ 編集]
-  -
>管理人様
たびたび、お邪魔しやしてすみませんw

>mikadukiさん
メアドが判れば、、、
よければ、ウボンの市街地図を
スキャンしたファイルがあるので
送ってあげますよ。。。

ほな、お邪魔しましたw
2007/05/13 18:55  | URL | モコイ #-[ 編集]
-  -
お~っと、私のブログが2ちゃんねるかミクシィのような活発な議論に展開して参りました。

地図はウボンのTATでもらえますが、タイ語表記で英語は少し記載がある程度です。

こんなのはどうでしょう↑(ブログ本文末尾をクリック)。
2007/05/13 22:18  | URL | #-[ 編集]
-  -
情報有難うございます。

あとひとつだけ教えてください。
ウボン-バンコクのVIPバスは、早朝にありますか?
もしあれば、2、3本の出発時間を教えてください。

>モコイさん
メルアド記載しましたので、よろしくお願いします。
2007/05/14 16:22  | URL | mikaduki #NmDr2Edk[ 編集]
-  -
こんにちは。
多くのウボンファンがいて嬉しいですね。

今日から、新学期が始まったようですね。
長かった夏休み?も終わり、娘も幼稚園に行ったそうです。

ただそれだけなんですが・・・・・・
2007/05/14 21:19  | URL | ナ~ム #-[ 編集]
-  -
バスについては様々なバス会社が各々のダイヤで走っており、詳細はわかりません。
バスターミナルに行ってから「出たとこ勝負」なのがバス旅の面白いところでもありますね。
2007/05/15 11:12  | URL | #-[ 編集]
-  -
ふふふふ、、、、うっ~~
げほ、、、
>管理人様
>お~っと、私のブログが2ちゃんねるかミクシィのような活発な議論に展開して参りました。
 
そんな~
興奮しないでねww
2,3年前の2ちゃん某カテ以来の書き込みざんすwww
TMさん、、、どうしてるかな~?

>mikadukiさん
送信しましたw
お約束事は、、、、
お願いすます!!
2007/05/15 13:57  | URL | モコイ #-[ 編集]
- 初めまして・・・ -
)Panyaaさま江
いつも楽しく閲覧させていただいてます。
イサーン好きの四十路チョンガー・オヤジでございます。
ウボンには5回ほど訪れていますが、未だに知らなかったレストランやナイト・スポットがあり次回(6月)の渡航の際に活用しようと思ってます。
これからも宜しくお願いします。

)mikadukiさま江
ウボン→クルンテープのVIPバスですが、ナコンチャイ・エアーなるバス会社にAM8時/9時代に出発する便がありました。
(URL参照;ROOT&TIME TABLEのバナーをクリックしてfromとtoを埋めれば観ることが出来ます)。
ここは車両コンディション、サービス共に良かった気がします。
2007/05/16 08:56  | URL | バカ兄 #0R6Bf2zE[ 編集]
-  -
5回も行かれるとは相当お気に入りのようですね。何があるの?と人に聞かれると私もう~んと考え込んでしまいますが、、、、
当ブログで少しでもウボンの魅力をわかってもらえればと思います。
2007/05/18 21:46  | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/66-d15616f0

| メイン |