ウボンのワイルン(若者)たち
2007/06/21(Thu)
ホーナリガー(時計塔)


ウボンのトゥンシームアン周辺は、ウボン市政府やオフィスビルが立ち並んで言わばウボンにおける政治経済の中心地となっている。

それに対して若者の中心地はどこかと言えば、市の北西部に位置するホーナリガー(時計塔)の周辺であろう。

若者向けの店が多く、ウボンにおけるバンコクのサヤームスクウェアといった感じだ。

この付近にはラジャパット大学やウィッタヤーライテクニク(ウボン技術学校)もあって、辺り一帯は学生街の様相を呈している。

ウボンラチャタニ大学
entrancenight01.jpg

補足すれば秋篠宮殿下が名誉博士号を授与されたウボンラチャタニ大学は、市内から少し離れた県道のハイウェイ沿いにある。

不思議なことにタイでは優秀な学校ほど女子学生ばかりで男はあまりいない。タイの男はそれほどまでにアホなのか。

ウボン大もイサンではトップレベルの大学。私が会った印象では、いかにも容姿端麗、才色兼備といった感じの女子学生が多い。

当然、夜のバーやクラブなどで彼女たちと遭遇することはない。

優秀な大学は女子学生ばかり
graduates04.jpg

ウボン大学は、対外的にはメコン地域社会研究センター(Mekong Sub-region Social Research Center)が有名らしい。

イサンのどん詰まり、東北線の終着駅と言えども周辺のラオス、カンボジアから見ればウボンは大都会なのだ。

ラオスやカンボジアからの留学生もウボン大の進んだ(?) 学術研究を学びに来ている。

私も会ったことがあるが、カンボジア人でも一年ほどタイ語を学習すれば講義に着いて行けるそうである。

ラジャパット大学
P2170724.jpg

一方ラジャパット大学となると、雰囲気は日本の大学に似てくる。中には全く勉強せずに遊んでばかりいる学生も一部にはいる。

そういえばパトゥムラットホテルにあるクラブ「フェリセ」にいたチアビア嬢もラジャパット大の女子学生であった。

しかし大部分の学生は、日本に比べれば真面目で健全そのもの。バンコクの学生と比べてもアカ抜けない分、素朴でイイ子が多いような気がする。浅黒い肌のコが多いのが、いかにもイサンを思わせる。

彼女たちは学校帰りに制服姿でいつも仲良しグループと一緒にいる。屋台でルークチンや氷シェイクを買って食べながら、携帯電話やカワイイ小物を売る店を見て回るのが放課後の過ごし方らしい。

logoubru.jpg

田舎には大学が少ないので、バンコクにあるランカムヘーン大など比較的入りやすい大学に進学する者も私の周りには多い。

そして卒業後にUターン就職でウボンに戻って来るケースも目立つ。

その他の学校ではUbon Vocational Collage(ウボン職業学校)、ウィッタヤーライサーンパットチャーン(総合工芸学校)、ウィッタヤーライポリテク(ポリテクカレッジ)などがある。

余談だがこのポリテクカレッジは、市内の至る所に大きな看板を出している。そしてこの看板に出ている制服を着た女の子がムチャクチャ超カワイイ。

ウボン大の図書館
students31.jpg

私はこの看板を見る度に、果たしてこの子はここに通う本物の女子学生なのか、あるいはどこからかモデルの女を引っ張って来たのか気になって仕方がない。

学校名の言及は避けるが、ウボンでも「援助交際」の噂をチラホラ聞くこともあるのはバンコクや東京と一緒だ。

それでもこうした大学や各種学校を含めて、ウボンにおける高校卒業後の進学率は30%ほどであるとウボン人の知人から聞いた。

students10.jpg

大学に行きたかったが貧しくて行けなかったというケースも無論あるだろうが、むしろ「勉強なんてマイサヌック」というのが南国の熱帯に生きるワイルン(若者)の本音ではないだろうか。

まだここでは“学士様”の称号は健在で、エリートの証なのだ。タイでは大学出の若い社員が親ほど年齢が上の部下を使っていることなどよくある。

大学の卒業式ではシリントン王女等タイの王族から卒業証書が授与される。どこの家も家族に大学出がいれば、この時の写真を家宝のように床の間に飾っている。

日本でこんなことをやっているのは総理が来る防衛大学くらいだ。

SKショッピングセンター
P2170725.jpg

さて、ラジャパット大学の正門前には、「SK」というウボンのワイルンが集まるショッピングセンターがある。

これは手っ取り早く言えば、バンコクのマーブンクローンセンターを10分の1ほど小さくショボく、そしてダサくしたような所だ。

各階には1店舗が2~3坪ほどの携帯電話やギャル系の店が並ぶ。

そして最上階はお決まりのクーポン食堂やシネマコンプレックスというところまでマーブンクローンに似ている。

SKの店内
ubonphoto206.jpg

週末ともなると立錐の余地もないほど大混雑する。平日の昼間でもワイルンで一杯だ。一体彼らは普段何の仕事をしているのか。学校には行っていないのだろうか。

ウボンをバンコクと見比べてすぐに気付くのは、子供や若者が異様に多いということだ。バンコクも今や少子化が進行しているが、ここウボンでは未だ貧乏人の子沢山といった家庭が一般的のようだ。

知人の実家に招待されると、こっちがピーでこっちがノーンと彼らの兄弟・姉妹をわんさか紹介される。

少子高齢化で年寄りばかりの日本と違って、ウボンでは町中が元気な子供や若者であふれていて活気があるという印象を受ける。

ムーン川の彼方にはキミたちの未来が…
PC090311.jpg

一方、日本の若者はといえば、格差社会による勝ち組と負け組への二極化が進行中。

ニートやフリーター、引きこもりやネットカフェ難民は、今や市民権を得て主流派になったというような印象だ。勉強もしないし働きもしない。遊びもしなければ友達もいない。

自分の部屋やネットカフェに引きこもってテレビやゲーム、インターネットやDVDといった仮想現実の世界に没頭し、生身の人間とは全くの没交渉というのが彼らの姿ではないだろうか。

それに対してウボンの若者は勉強しない、働かないといったところまでは日本の若者と同じだが、実によく遊ぶ。

仕事や金がなくとも仲間内でいつもワイワイ遊んだり酒を飲んだり、明け方まで街を徘徊したりと実に楽しそうだ。

students30.jpg

楽しく遊ぶだけならまだいい。実際は若さから溢れるパワー、有り余る元気、ほとばしる情熱を最大限に爆発させ、怖いもの知らずにやりたい放題。

前後の見境なく無謀に猪突猛進するのがウボンのワイルンの姿ではないだろうか。ウボンが東北のド田舎にしては治安が悪いと言われるのも彼らの「功績」である。

週末などは暴走族が道路を占拠してチキンレースのようなこともしている。暗い夜道の一人歩きはとても危険だと地元の人は私に注意する。

元旦にトゥンシームアンで行われたカラバオのコンサートでは、乱闘や爆弾騒ぎまで発生して多数の警官隊と護送車までが会場に待機していた。

ムーン川を見ながら制服姿でビールを飲むウボンの高校生
PB290220.jpg

彼(女)たちの情熱は、当然のことながら異性に対してもいかんなく発揮される。しかし燃えるような大恋愛ほど、熱したかと思えばあっけなくすぐに冷めてしまうのが世の常。

20代の前半までに結婚、出産、離婚、自殺未遂、無謀/飲酒運転による大事故や大怪我を経験したワイルンは私の周りにも大勢いる。

猛烈アタックの末にヤリ逃げというのは、タイの男が最も得意とする戦術だ。ニコニコと楽しそうに話すタイ人の女の子の手首に、ザックリとリストカットの痕があるのを二度ほど見たことがある。

日本人の自殺は若者で言えばいじめ、中高年なら経済的理由が原因で、失恋で自殺した日本人など聞いたことがない。

失恋で自ら命を絶つとは、タイの女の子は何てロマンチストなんだろう、などと感心している場合ではない。

ウボンのとあるバー
P1080533.jpg

いってみればウボンのワイルンは、ブレーキの付いていないレーシングカーのようなものだ。一度猛スピードで突っ走ると、壁に激突して大破するまで止まることを知らない。

それとは対照的に失敗することや傷つくことを極度に恐れるあまり、一歩も前へ進むことができないのが日本のワイルンではないだろうか。

小知恵がはたらくのか妙に打算的で、ゆがんだ劣等感と優越感が並立してちっぽけなプライドだけは一人前。

将来に対して取り越し苦労をするあまり悲観的・絶望的になってしまうのではないだろうか。

students08.jpg

ウボンのワイルンがあんなに明るいのは、損得勘定など度外視で自分の心や情熱のおもむくまま、捨て身のヤケッパチで前へとことん突っ走れるからではないだろうか。

そんなウボンのワイルンも、20代の後半にもなるとすっかり落ち着いて大人しくなってしまう。30近くにもなれば「ゲーレーオ(もう年だよ)」とポツリ自嘲気味にバーの片隅でつぶやいていたりする。

若さを浪費するような生き方をしていれば、青春はあっという間に終わりを告げてしまう。

そんな彼らだが、若さを完全燃焼し青春を全力疾走で駆け抜けた充実感、甘く切ない思い出は青春の1ページとしていつまでも心に残る。

傷つきながらも必死に前に進むのが、ワイルンの本当の姿ではないだろうか。

私は自分と同世代の日本の若者と見比べて、ウボンのワイルンは若くしていく度も修羅場をかいくぐってきた歴戦の猛者のようにたくましく輝いて見えた。

students02.jpg

それに対して「自分は何をしたらいいのかわからない」「何もすることがない」「自分探しだ」などと意味不明なことを30近くにもなってまだ言っているのが日本のワイルンではないだろうか。

ではウボンのワイルンは30前後になって落ち着くや、すっかり改心して堅気のマジメ人間に変身するかといえば、そうはならないのが彼らの愉快なところだ。

仕事は相変わらず超テキトーに5時にきっちりとやめる(終わらせる訳ではない)。そして職場でサンソムのボトルの封を切り、ネームを肴に酒盛りや砲丸転がしのバクチを始める。

酔いが回って気分が良くなったところでクラブにコヨーテガールをナンパしに行ったり、携帯電話に登録されている女の子を呼んだりする。

facility13.jpg

「女房に股間をチョン切られるのが怖くてオンナ遊びができるか」といった彼らの豪胆ぶりにはあっぱれと言うほかない。これはもう“ウボンの懲りない面々”といった感じか。

そんな彼らとの付き合いには、日本人との付き合いでは味わったことのない気軽さや爽快感、南国特有の楽天・楽観的な人生観を感じざるを得ない。

いつまでもこの龍宮城かシャングリラ(理想郷)のようなウボンに居たいと思いますが、そろそろ『ウボンラチャタニに吹く風』も幕を下ろす時が来たような気が致します。
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(13) | TB(0) | ▲ top
<<さようならウボン | メイン | タイの運転免許>>
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/06/22 23:18  | | #[ 編集]
- どうもそうらしですよ -
はじめまして。ローカル情報ですがタイの縮図のような気がします。何時も見てます。タイの男性は風来坊のようですね。私の知り合いの女性もいってました。タイ人男性と結婚すると直ぐ浮気に走るので、シニアか外国人の方がだんなにするにはいいよですって。
2007/06/23 01:11  | URL | ランナム #JalddpaA[ 編集]
-  -
ウボンの若者は変な癖がなくていいですね。
力が抜け過ぎな気もしますが。
2007/06/23 21:16  | URL | 猫ジャカヤーン #-[ 編集]
-  -
こんにちは。
いつも楽しく読ませてもらっています。
SK、懐かしいです!!!
ウボンで一番?ファッショナブル?デパートですね。
BIB-C、ロータスもいいですが。

ウボン大学、将来娘が入学できればと思っています。
勉強が嫌いだったら、普通に結婚してくれればと思ってもいますが。

私は関西人なので阪大に留学してくるタイ人も少し知っています。
彼(女)達は、入学当初は真面目に勉学に励んでいるようですが。
バイトを始めたりして、遊びに目覚める学生も多いようですね。

いつも思うんですが、タイにパチンコ屋がなくてよかったです。
もしあったら、パチンコで家庭を崩壊させている人も出てくるのではと思っています。
知ってるタイ人も、パチンコにはまってる人が多いです。
2007/06/23 23:03  | URL | ナ~ム #-[ 編集]
-  -
タイの若者、興味深いお話ですね。確かに女性の方が優秀な学生が多いかもしれませんね(笑)。タイの大学生、殆どが制服なのですよね。長女が今年、BKKの大学を卒業するので、「11月にタイに来い」と言われています。タイでは、一世一代の晴れ舞台なのでしょうね。
2007/06/24 21:51  | URL | w.hitoshi #-[ 編集]
-  -
最後の一文が気になります。
そろそろ幕を下ろすなんて絶対やめてください!!!
まだまだ読みたいです。

私、ラジャパットで少し勉強したことがあります。
ウボン大学は行ったことないし、あまり知らないけどラジャパットにはスゴイ思い入れがあります。
学生がギター弾いてる姿も見たことあるし、日本と違っていいなー☆って思うことがよくありました。

久しぶりにラジャパット見てなんだか感無量です!

ウボンの今をこうやって知ることができるのはすごく嬉しいです。
どうか、どうかまだ続けてください・・・
2007/06/25 10:51  | URL | マメゾウ #-[ 編集]
-  -
>幕。。。?

それは、寂しすぎるんで勘弁してください。
2007/06/25 11:49  | URL | タンワーコム #-[ 編集]
-  -
皆さんコメントありがとうございます。
今回はいつもの飲み食い、夜遊びネタとは異なった切り口で書いてみました。

豊かな日本で死んだように鬱屈した日本の青年と、途上国の地方都市で明るく元気に青春を謳歌するウボンのワイルンを対照的に描いてみました。

タイ人の何倍もの給料をもらいながら、過剰なノルマや陰湿な人間関係に振り回される日本人サラリーマンは果たして幸せか、という疑問にも通じる話だと思います。

今後のことについてはまた改めてお伝えしたいと考えています。
2007/06/25 14:13  | URL | #-[ 編集]
-  -
こんにちは。
管理人さんの言わんとされていること、非常によくわかります。
ウボンを愛されているのですね。
私も、ウボンが好きです。
ウボンの人々の好きです。
妻子も暮らしていますし、楽しく昔のよき時代の日本を彷彿すると思います。

ある有名?なバンコク★ビに、女性がマンダリンホテルにタイの男を連れ込むのにジョイフィナーは幾らかと書き込んでいました。
目を疑いましたね。
今の若い子はって感じですね。
私も、結婚するまではバンコクで遊びまわっていましたし、それなりの掲示板では書き込みもしていましたが。
マンダリンホテルは、年末に妻子と泊まる予定ですが・・・・
なんか嫌ですね!!!
2007/06/28 22:28  | URL | ナ~ム #-[ 編集]
-  -
私は逆に同情してしまいます。
ブスな女だって
「キミはキレイだ」「美しい」「愛してる」
と男に言われたいんですよ。
そう言ってくれるなら例えタイの男でも…という動機には、情状酌量の余地があるんじゃないでしょうか。

幸いウボンにはゴーゴーボーイズバーなど一軒もございませんので、その手のタイの男にハマった負け犬系日本人熟女にはまだ荒らされてはおりません。
2007/06/30 08:33  | URL | #-[ 編集]
-  -
こんにちは。
そうですね、管理人さんの言われるように同情も出来ますね。
かわいそうにも思えますが。
そういう女の子(おばさんも)達は、バリに嵌っていると思っていましたが。
バリに嵌った負け犬女も多くいるようですが。

ウボンは、まだ荒らされていなくて良かったですというか、今後も荒らされることはないかと思うのですが。
2007/06/30 13:16  | URL | ナ~ム #-[ 編集]
-  -
はじめまして。

6月から短期ですが、タイで大きな工科大で、講師を始めました。 男子が多いですが、日本と違い、とても従順です。

でも、中にはレポートコピーが、明らかに分かる連中もいますが、13年前の僕も常習犯。

ミスバンコク(?)に応募してる学生もおり、女子の制服をみると。。。 タイ人も、そう思っているそうです。

ウボン出の彼女に話すと、一日口をきいて貰えませんでした。

生徒に会えば、仏を見れば、手を合わせて挨拶する習慣。
日本で忘れた従順さ、寂しく思います。

M&A(黒幕は日本人と思うが)など、日本では人を信じなくなった社会。 この地にいると、人間味が改めて、感じられるようになりました。

後 3ヶ月、日本の企業戦士に戻るまで、リハビリが必要かもしれません。
2007/07/01 13:09  | URL | yoshy #-[ 編集]
-  -
・幕降し絶対反対。
このブログ絶対最高。
シャングリラは永遠に、、
2007/07/02 13:52  | URL | sws #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/69-5a576e80

| メイン |