スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
来るな!スターバックス
2007/07/26(Thu)
来るな!スターバックス


いよいよと言うか、えっもう?と言うべきかスターバックスがウボンに進出する。ネバダグランドホテルの前が工事中だったので何ができるのかと気にはなっていた。

私はこれを悪いことが起きる前兆のような不吉な予感がしてならない。

「アメリカ帝国主義の侵略」などと共産ゲリラのようなことを言うつもりはないが、大抵アメリカ資本のチェーン店が軒並み進出ラッシュした都市はロクな結果にならない。

進出に伴って利益や効率が最優先のアメリカ型市場主義が街を席巻し、伝統的な文化や価値観が崩壊する。

何がOpening soonだ!


一秒一円までギリギリにコストを抑えられ、過剰なノルマや営業成績を課せられた従業員の顔からは笑みが消える。

途上国特有のおおらかさやのんびりした時間の観念が消えうせ、先進国並みの競争社会が到来する。

先進国とは張り詰めた緊張感の中で他人を押しのけてでも生きていこうとする激しい競争社会。

そうした国からアジアの途上国に降り立った旅行者が魅せられたものは、アジアを流れる超スローペースな時間の流れや、あくせくしないでのんびりと生きるアジアの人々ではなかったか。

タイの朝はやっぱりこれでなくっちゃ


そうした古き良きアジアの都市がまるでオセロの駒をひっくり返すようにまた一つパタンと先進国の都市に変貌を遂げる。バンコクがそうだろう。

1960-70年代に日本企業のバンコク駐在員として過ごした私の知り合いは、今のバンコクは変わり果ててしまったと残念そうに話していた。

日本からバンコクに来ると確かに東京に比べてのんびりとしたアジアの空気を感じてほっとすることがある。

しかしウボンにしばらく滞在してからバンコクに行くと、妙に殺伐として冷たいものを感じる。

ウボンの一日は朝のコーヒーから
P1010274

タクシーに乗って行き先を告げても運転手は何も言わずに発車。着いて料金の精算の際も一言も喋らない聾唖者のようなドライバーばかりだ。

これならば昔は多くいた日本人観光客と見るやオンナは要らんかとアッチ系の店に何とかして連れて行きマージンを取ろうとする雲助タクシーの方がまだタイらしくて私は好感が持てる。

スターバックスの進出によってウボンのバンコク化にも一層の拍車がかかるのだろうか。

あと数年もすれば「ウボンも前はもっとのんびりとしていい所だったんだけどね。今じゃすっかり変わっちゃったね。」などと言うことになるのだろうか。

そうはなってもらいたくないという思いが表題の「来るな!スターバックス」であり、冒頭の不吉な予感である。

ウボンよいつまでも変わらないでいてくれ


スターバックスはちゃんとウボンでのマーケティング調査をしたのだろうか。すぐに潰れたりしたらお笑いだ。

確かにバンコクではスターバックスやタリーズ似の一杯40-50Bのコーヒーショップが流行っている。そうした所で宿題をするのがバンコクの学生にとってはカッコいいらしい。

食通の人がマクドナルドには行かないように、どの国の都市でもスターバックスに行く人はコーヒー好きの人ではない。

「スタバ」などと聞き慣れない呼称をし、スターバックスのコーヒーを飲むことが何かオシャレでカッコいいことと勘違いしている人々ではないだろうか。

フラペチーノなどは冷たくて美味しいと思うが、肝心のホットコーヒーは不味くて香りがない。これであの料金は高すぎる。

ウボンのカーフェーソット イカすウボンオヤジです


ウボンの人々がスターバックスに通うほど購買力があるとも思えない。そしてウボンにはカーフェーソット(生コーヒー)と呼ばれる美味しいコーヒーが街の至る所で飲める。

これは客の注文を受けてからコーヒー豆を磨り潰し、専用のエスプレッソマシーンを使って金属フィルターで抽出して出すという本格派。

注文してからやや待たされるが、このようなコーヒーがおいしくないはずがない。香りとコクは最高だ。ウボンではこんなコーヒーが20-30Bで飲めてしまうのである。

果たしてこのような成熟したウボンのコーヒー市場に殴り込みをかけたスターバックスに軍配は上がるのか。

あるいはスターバックスが進出するほどまでにウボンが発展したことを素直に喜んであげるべきなのか。

この答えが出るにはもう少し時間がかかりそうだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンの日常 | CM(4) | TB(1) | ▲ top
<<ウボンのろうそく祭り | メイン | さようならウボン>>
コメント
-  -
こんにちは。
今日は、ウボンラチャタニで蝋燭祭りがあるようですね。
町の中心では、遊園地が開かれ妻子は、昼間に遊びにいくそうです。
夜は、人が多すぎてゆっくり遊べないとか・・・・・
昨年、蝋燭祭りに行ったようですが、人ごみで子供は寝てしまうし大変だったようです。

ウボンにもスタバができる?出来たのですか?
誰が行くのかな?
屋台でカフェローンや、カフェインを注文する方が美味しいし、安いと思うのですが。
妻は、カフェと言えばネスカフェが一番と思っているようです。
日本に住んでいる知り合いのタイ人もネスカフェが一番美味しいと言っていますが。
ウボンは西洋化はないのではと思うのですが。
西洋化というより、中国化の方が少し心配ですが。
娘も幼稚園で、中国語を習っているようですし。(英語も習っています)
2007/07/28 14:30  | URL | ナ~ム #-[ 編集]
-  -
今日は蝋燭祭りですね。知り合いのサムローのおっちゃんでライトーンホテルに日本人観光客が100人近く来てるぞという、間違いなくオーバーな情報を頼りにトゥンシームアンに行ってみたものの、あまりの人の多さに日本人観光客の方々は発見出来ませんでした。
まあ、スターバックスとは全く違う話ですみません。
しかし、ネバダ前に何か作ってるなとは思いましたがスターバックスだったんですか。ウボンにも意外と金持ち学生がいるようなのでそこそこ流行るかも知れませんね。カーフェーソットで十分だと思うんですけどね。
2007/07/30 13:20  | URL | 猫 #-[ 編集]
-  -
金魚すくいの網のようなものでドリップする伝統的なタイコーヒー(カフェーボーラーン)も好きです。
今はカフェーソットにハマっています。
ウボンにスターバックスは似合わない。
最初は物珍しさで行くかもしれませんが、そのうちに閉店になるのではと私は密かに期待しています。
2007/08/01 22:56  | URL | #-[ 編集]
-  -
マクドナルドもないウボンにスターバックスが進出するとは、驚きです。私も、スタバより行きつけのタイ版漫画喫茶(?)で、25バーツのカフェ・パンを飲む方を選びます。
話は変わりますが、妻の友人が建築中のビルを指して、セントラル・デパートが出来るのだと言っていたそうなのですが、本当でしょうかね。
2007/08/03 03:32  | URL | AKI #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/71-887f34b5

スターバックス
スターバックス|略称 = スタバ、スターバクス|国籍 =|郵便番号 = 〒150-0001|本社所在地 = 東京都渋谷区神宮前 (渋谷区)|神宮前二丁目22番16号|電話番号 = 03-5412-7031(代表)|設立 = 1995年10月26日|業種 = 飲食業|統一金融機関コード =|SWIFTコード = …
2007/10/12 09:40  まいかのblog
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。