スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ウボン学園通り
2007/10/30(Tue)
ウボン学園通り
P7280856

ウボン市内を東西に走るタノーンサッパシットという通りがある。

この通りの西端からジェーンサニット通りと交差するあたりまでを、私は一人で勝手に「ウボン学園通り」と命名している。

と言うのもこの近辺には小中学校や高校、専門学校が沢山ある。登下校時刻ともなると、付近一帯は児童、生徒、学生が通りに溢れる。

ピンクの制服がかわいいナーリーヌッグーン高校
P7270836

やはり若者の通りは活気に満ちていて、みんなとても楽しそうだ。そして通りには若者を対象にした様々な店や屋台が並ぶ。

一番多いのが飲食関係。ルークチン(つみれ)、カノム(お菓子)、氷シェイクなどが10B(30円)単位で飲み食いできる。

タイの若者も学校帰りの食べ歩きは大好きだ。安くてボリュームのあるレストランも多い。その他にはインターネットゲーム屋、オシャレ関係の店、学習塾などもこの通りに軒を連ねている。

まるでコンビニ店員のような制服のベンジャマ マハラート高校
P7270835

彼らの表情からは、屈託のない笑顔と青春を大いに謳歌している様子が見て取れる。やはり若者はこのように元気でなくっちゃいけない。日本の死んだような若者とは対照的だ。

日本の同世代の若者といえば、マジメ系は受験地獄に部活地獄の重圧に苦悩。一方、ワル系も落ちこぼれて劣等感や虚無感、厭世感の固まり。どっちに転んでも陰鬱としていてネクラな奴ばかりだ。

どうやら日本という社会は、若い頃からマジメもワルも人生をエンジョイできない仕組みになっているらしい。このような状況が大人になってからも続く。毎年3万人も自殺する訳だ。

韓国焼肉「ジョーイ」
P8010910

この学園通りは夜になると屋台街にも変身する。トゥンシームアン近辺の夜市が外国人や観光客も訪れるのに対し、サッパシット通りの屋台街は100%地元民向け。値段も味も超ローカルだ。

隣のテーブルでシャワーを浴びたて来たばかりの女の子が、シャンプーの香りをプンプンさせながらグワイジャップ麺を食べていたりする。そんな通りの一角に安くて美味しい焼肉店があるという。

店の名前は「ジョーイ」。これは多分、英語のJOYから取ったものだろう。知人から是非食べに行こうと誘われた私は、二つ返事で了承した。何でも知人の友達がここでバイトをしているらしい。

学校帰りに焼肉パーティーですか?
P8010912

この店も学生客が多いようで、学校帰りの制服姿のグループが肉鍋を突いている。低価格のわりに物凄い量の肉と野菜が出てくる。オープンエアーで空の下で焼肉を食べるのは、さながら野外バーベキューだ。

ビアチャーンの生ビールを注文すると、かわいい駆け出しのチアビア嬢が注いでくれた。普通のレストランでは、ビール会社のロゴが入った超ミニスカートのチアビア嬢が出てくる。

ところがここではビアチャーンのTシャツにジーンズ姿で、この店の庶民性を物語っている。表情にまだあどけなさと照れ笑いが見て取れます(写真参照)。

ちょっとかわいいチアビア嬢
P8010913

タイで焼肉といえばヌアヤーンガオリー(韓国焼肉)と呼ばれる。

ちょうどレモンの搾り器のような肉鍋が出てくる。突起の部分で肉を焼き、下の溝の部分にスープを流し込む。

焼いて食べてよし。煮て食べてもよし。こうして焼肉としゃぶしゃぶを一つの鍋で味わえてしまうゼイタクな料理だ。

これがタイ式韓国焼肉だ
P8010917

溝には焼けた肉汁がしたたり落ちて絶妙のダシを提供する。

タイ人にも“鍋奉行”的存在の奴がいて、盛んに肉や野菜を鍋に盛ってリーダーシップを発揮。そして焼き上がると人の皿にポンポン乗っけてくれる。

タレは激辛と甘辛の2種類出てきた。唐辛子やにんにく、魚醤油やその他秘伝の味付けがあり、各店によって特徴がある。私は激辛に甘辛を少し足して程良い辛さに調整した。

左が激辛 右が甘辛のタレです
P8010918

日本や韓国の焼肉屋では、ロースやカルビなど肉の種類を指定して注文する。

ところがタイでは、巨大なボールにありとあらゆる肉や魚介類がこれでもかと言わんばかりにテンコ盛りになって出てくる。

肉は全てセットになっているようだ。ロースやカルビはもちろん、レバーやモツといった内蔵類も入っている。

大食い選手権か?肉のテンコ盛り
P8010914

イカや大きな車海老まで入っているのにはビックリした。肉だけ食べるとかなり脂っこいので、野菜も大量に煮て食べる。

香菜がいかにもタイらしいハーブの風味を添えてくれる。これに生ビールがとても良く合います。

韓国焼肉とは言うものの、こんな焼肉は大久保のコリアンタウンでも見たことがない。タイスキにせよ韓国焼肉にせよ、タイ人は外国の料理を自国流にアレンジするのが本当に上手い。

まるでギャル曽根になったような気分
P8010915

我々はこの日3人で行ったのだが、この肉と野菜のセットを2セット食べたところで満腹になった。生ビールもピッチャーで注文して、何杯も飲むとすっかり酔っ払った。

果たしてお会計は一体いくらになったのだろうか。驚いたことに3人でたったの五百数十バーツだった。これがウボンの中高生価格ということだろうか。タイ人にとってもこの値段は安い。

彼らは毎日なんて贅沢な暮らしをしているのだろう。これだからウボンでの生活はやめられない。

満腹でもう最高です
P8010911

この日は平日で知人は翌朝早い仕事があるとのことだった。そこでいつもの夜遊びには今日は行かないことにした。

タイでもたまには休肝日が必要だ(と言いつつビールはしっかり飲んだが)。

我々は苦しいほどに満腹感を味わいながら家路に着いた。この店もまた来ることにしよう。大変おすすめです。

P8010920

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
スポンサーサイト
この記事のURL | ウボンのレストラン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<困ったウボンの日本びいき | メイン | タイカラオケ「メーカラ」>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ubon.blog78.fc2.com/tb.php/79-ed646ee5

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。